FC2ブログ

三角関係ぐっどプリキュア#16

伝説の樹(友情仕様)
どうも!樹の下で云々と聞くとまずときメモ思い出す僕です(世代がバレる)!

さっそく感想ですが
今回は、ソツなくまとまっていて、良い回だったなと。
見ず知らずの子どもたちが、自分達の過去にやたら詳しくて
友人関係に首を突っ込んでくるとか、
当事者から考えるとずいぶんホラーだと思うんですけど(笑)

今回のゲスト三人の関係は、スタプリのヒカル祖父母と遼じいの構図と同じで、
スタプリの方は遼じいが良識人だったこともあって、仲の良いままでしたが、
同じような状況でも、うまくいかない場合はあるよね、と。
三人友達の二人がくっついて、一人あぶれてしまったお爺さん……
デザインがハンソロに似てるな~と思って、余計に厭世的哀愁を感じてしまった(笑)

細かい部分で思ったのは、
いや、あまり細かい部分でもないかもしれないんですけれど、
結局エレメントさんの存在がどういうものなのか、さらにわからなくなったというか、
木のエレメントさんというのは、あの木一本に宿っているものなんですか?
それとも、木という存在全体に宿っているものなのか……。
もう朽ちかけているのに、エレメントさんは全然元気だったから
エレメントさん=あの一本の木、ではないのかなと思ったんですが
(つまりエレメントさんは、木というもの全体の守護者的な立ち位置なのかなと)
木が朽ちたら、エレメントさんが返事をしなくなってて、
そうすると、エレメントさん=あの木、なのかとか……。

例えばエレメントさん=あの木、だったとして
朽ちかけているのに全く弱った素振りがなかったのは
実は物語前半で、すでに新しい木の芽が生えていたからだ、とすると、
木が新しく再生するのを知りながら、今がチャンスだと考えて
三人を仲直りさせるためにヒープリメンバーを誘導した、ということになるわけで、
木のエレメントさん、もしかして、めっちゃ策士なのでは。

あと、あの木はもうだめだから市役所の人かなんかが処分します、
的な話があったんですが、
あの小さな木の芽一本で、それを帳消しにできるのか、と心配。
でも、そこはまたノドカたちが頑張ったり、今回のイベントで木を気にかけた人々が、
動いてくれるものと信じましょう。
あるいは、役所の人が来ると言っても
どう処理するか、とりあえず調べに来るってだけの話だったかもしれないですしね

あと気になったのは、アバンの最後が、木を見て笑顔になるノドカの顔で、
本編の開始時に、ボロボロの木を前に、ノドカの顔が曇っているわけですが
木のボロボロ加減は見た瞬間にわかるレベルのなので、
ボロボロであることに気付かず、木の根元だけが目に入るということが
ありえるのかなと、ちょっと違和感を覚えました(名探偵並みの洞察)。
でもそれなりに歩いて疲れていたら目線も下がるしな(理性的反論)。
そういう重箱を指摘するヤツって自分自身どうかと思う(感情的帰結)。

そう言えば、今回はおジャ魔女のポスターが
画面に登場したことも話題でしたね。
ということは、映画の公開日もそろそろ決定するのかな?
おジャ魔女の映画も、次回のちゆちー若女将回も期待しましょう!ではでは!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洗濯

Author:洗濯
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR