FC2ブログ

オーディションっとプリキュア#7

これ、僕の観たかったヤツ
宣言通り今週はちゃんと書きます。
どうも!僕です!

HUGプリ第七話の感想はもう冒頭の通りですね。
僕の観たかったプリキュアって、こんな感じ、っていう(笑)
シリアスとギャグのバランスとかね、
単純に観てて楽しいって部分がすごく良かった。
HUGプリも一話から、なんだかんだまじめな話が多かったからね。
今回はまじめな部分もありつつ
非常にアニメ的な(ちょっと現実離れした)ギャグを入れてて
そこがすごく個人の好みにフィットしました。

脚本の井上亜紀子さんって、
多分、初めての方ですかね。
今後も本当に期待。
特に今回は上野ケンさんの
ポップな作画との相性も抜群でした。
色々と、うまくハマッたなって回だったかもしれない。
もしこういう感じの回を続けてくれるなら
僕も多分HUGプリにドハマりすると思う。

あと前回もそうだけど、
今回も最後に次回への引きがあって
視聴を継続させようという意思を感じさせるのも
好感が持てるなと思う。

あと今回は、ハートのチェーンみたいなのを作れる玩具を見て、
うわっ、なんか懐かしい!って思った(笑)
毎回、なんかしらの玩具の販促シーンを入れているような気がする。
この手の販促は個人的に嫌いじゃなかったりする。
今回使った玩具があと何回作中に登場するかはわかりませんが(笑)
今回は販促をストーリーの中にもうまく組み込んでいたので、
その部分も良いなと思う。
ここたまがその手の、販促を組み込んだストーリーを作るのがうまくて
しかも使い捨てじゃなくて、クルミボタンを作る玩具とか、
いまだに時々使うのちょっとすごいなと思う。

今回の、サアヤの背中に羽が生えたシーンとか、
流石にちょっと笑ったけど(笑)、
そのあとの水のかけあいのシーンとか
メンバーが和気あいあいとしているのも見ていて楽しい。
正直、ちょっと仲良くなんの早過ぎね?と思わなくもない。
サアヤもホマレも今までロクに友達がいなかったんだろうか。
出会ってまだあまり経ってないのに、もう無二の親友感ある。
今回、サアヤがほとんど抱える悩みの答えを出してしまっているように見えたり、
登場人物の心理的な接近や成長がやたら早いのが少し不安。
次回の、プリキュアやめて海外行っちゃうの!?的な話も
プリキュアではよくある展開ですが、こんなに序盤にやるのは珍しいですね。

今回のゲストキャラのランゼさん。
うわっ!ランコさんみたいな人出た!と思ったけど、
ランコさんよりはちゃんと実力がありそう。
サアヤがオーディションに一発合格しないあたりも
個人的には非常に好みの落としどころ。
あと、今回は冒頭のあいさつがサアヤの単独でした。
次回はホマレの単独かな?
う~ん、照れ屋のホマレさんはちゃんと一人で前説をこなせるのだろうか(笑)

第七話の感想は以上ですかね。
久々に、プリキュアを観た後、すごく満足感を覚えました。
ここからはちょっとした雑談ですが、年度の区切りで、色々な作品が
一段落を迎えますね。

「ここたま」は第一期に比べると全体の縦の筋に多少の粗があったように思うけれど
それでも抜群におもしろいし、単発回のクオリティはちゃんと維持されていて素晴らしい。
ただ、三期がここたま界の話になるみたいで、そこは少し不安。
こころちゃんの出番が減りそうだし、やっぱ日常世界の中で
色々やっていてほしい気持ちはある。
ハム太郎とかも途中から異世界方向に行って、
そこから色々、迷走したりグダグダになったりしたらしいじゃないですか。
そして作品がそうなったときに、それまでずっと応援していたファンが
作品を愛していた分だけ、逆に強力なアンチになってしまったっていう。
僕はここたまがすごく好きなので、自分もそういうハム太郎アンチみたいに
なってしまわないかという不安があるんですよね(笑)

「リルリルフェアリル」も三期をやると聞いて、嬉しいなと思います。
そこまでよくできているわけではないんですが、
わりと好きで、視聴を継続しています。
二期は一期より全体に行き当たりばったりというか
粗の目立つ部分もあったのですが
(整合性の取れない設定とか出てきてしまったし)
でも、ラスボスの目的とか設定は一期の時よりちゃんとしていますね。
三期は主人公どうするのかな。今のまま行くのか、一新するのか。

「ミラクルちゅーんず」もついに終わってしまいますね。
色々と粗のある作品ではあるのですが、何か独特な印象は持っている。
後番組も決まっていて、それも僕は視聴予定ですが
上記の番組のように続編の二期が始まるわけではなく
別番組になってしまうわけで、
一年観てきたキャラと別れるのはさみしいものですね。
ミラクルちゅーんずにはマジマジョピュアーズに
是非客演してほしいですし、
せっかく三池監督を起用しているのだから
クロスオーバーの劇場版とかやってほしいですね

「ドラゴンボール超」も終わります。
あと一回で終わる気がしないので、個人的には最終回は
今年末に公開予定の映画につなげるんかたちに
するんじゃないかと思っているのですがどうでしょう。
基本的に世評が低いのはよくわかるんですが
僕は知り合いに「ドラゴンボール超」の大ファンがいたので
その影響で、わりと楽しんでみることができました。
スタッフの皆さんにありがとうを伝えたい。
後番組の鬼太郎は、う~ん、観るかどうかまだ決めてません。

その他、視聴を停止していた「アイカツ」「プリパラ」も
新シリーズが始まったら、視聴を再開しようかなと思います。
どちらもまた世界観をリニューアルするみたいなので、期待してます。

それでは、雑談が長くなりましたが、今回の記事はこの辺で。では!
スポンサーサイト



三人目っと/お仕事体験っとプリキュア#5/6

どうも!またまた二週ぶりになってしまった僕です。
今回の感想もちょっと簡単に済ませようかと思います。
次回からはちゃんと一話ごとに書くつもりなので許してください!

〇第五話
ホマレがハナ達との交流の中で
夢へ向かう勇気と活力を取り戻し、プリキュアに変身する話。

ホマレが前回の変身失敗だけでなく、
モンスター化までして、
プリキュアになる前の準備運動としてはある種、集大成的な(笑)
いや、ここまできてさらに最後にプリキュア活動を辞退する、とかがあると
プリキュアになる前の悶着としてはコンプリートなんですけど。

ホマレの復活シーンよりも
その前の公園で話すシーンが、すごく好きですね。
例のマザーテレサの言葉が本当に象徴的で、
三人が支えあっていくんだろうなっていう感じが、いいですね。
関係性が見ていて心地よい感じで、
HUGプリに、まだドハマりはしてないんですけど
いい感じだなって、思います。

ただ、公園にホマレを追いかける直前の
ハリーがハナ達をとめるシーンは
会話の流れがつながっているようなつながっていないような。
これは僕との相性の問題だと思うんですけど
坪田文さんの脚本回って、説明すべき台詞を一、二個省いて
会話が展開しているように感じる時があるんですね。
ハリーの「頑張っているやつに~」って台詞が
わかるっちゃわかるんだけど、会話の流れとして唐突な感じがするというか。
まぁ、個人的な感覚の問題な気はします。

あと、ハリーが人間じゃないことをホマレに隠している理由が不明ですね。
実際、6話ではいつの間にかもうバレているし。

あと、お店を始めるわけですが、
いまいち何のお店なのかよく分からない上に
ちょっと宣伝したらすぐ大繁盛という。
ナッツの苦労を見習ってほしい(笑)
第六話で、お仕事体験をして、
これからも外のお店にお仕事体験をしに行くとすると
このハリーのお店の存在価値というか
物語上の役割がどうなるかちょっと気になる。

お店の宣伝に使ったキュアスタは
ちょっとおもしろかったですね。
インスタグラム的なものだと思いますが、
あれだけ宣伝効果があるのはホマレだから?
いまだに根強いファンがいるのだろうか。

キュアエトワールが初登場の第5話でしたが、
やはり何度見てもキュアベリーを思い出してしまう。
ホマレは色々と苦労しそうな気がする。
あと、ハグたんをあやすタンバリンとか、
今年は玩具が多い印象。
歴代よりちゃんと販促してるだけか?(笑)

ラストのプリキュア恒例、呼び捨ての儀式のシーンも
すごく良かった。繰り返しになりますがこの三人感じ、良いなぁ。


〇第六話
お父さん、相変わらずムッキムキ


青山さんの丸顔作画のせいで、
もうなんか怖いくらいだよ(笑)

最終的にお母さんが連載にしようとまで言い出すお仕事体験。
わりと多いな要素の一つになるのかな。
社会科見学アニメという意味では
マックスハート以来の歴代二作目になるわけですね。

今回は強引な流れで花屋をお手伝い。
花屋のスタッフとお父さん、不倫感ある
中学生という年齢を理由に
給料を払わないというお父さんのブラック采配。
う~ん、社会の厳しさが学べるなぁ(笑)

エプロンに服装をチェンジするわけですが、
服装チェンジアイテムの系譜で言うと
ブルン→ハピチェンミラー→今回のパッド
というわけで、
段々アイテムが大型化している気がする(笑)

お花屋さんでの仕事ですが、
途中で草間さんってお客さんが来てましたけど
なんか、髪型とか草間彌生感があった
服装は普通だったからきっとただのソックリさんでしょう(笑)
で、モップがけをしていたハナが水をこぼすわけですけど
その後の、床が濡れていることに対するクレームがすごい(笑)
なんか、すごいクレームじゃないですか?
だって、こぼした後、すぐ拭くでしょ。
そのまま放置するわけないし、見ていれば
どうして床が濡れてるとか、店員が対処しようとしているのもわかるだろうし、
花屋なんだから水をこぼすことだって、時にはあるだろうし、
クレームとしてかなり強引で、そこから花がかわいそうとか言い出すのも
飛躍がスゲーなって思うんですけど、まぁ、クレーマーって理不尽なものですしね。
理不尽なクレームの方が困るし、精神に来るのは確か。

で、ハナ達の前で気丈に振舞ってた店員さんも
やっぱり病んでて、敵に利用されてしまうという。
その、大人って大変なんだなって、教えてくれる良いアニメですね!

この間までのチャラ男が失敗続きのため
新しい敵幹部が登場です。
失敗しても机が倉庫にしまわれるだけって
プリキュアに登場する組織の中ではかなりホワイトの部類ですね。
黒いカードとか渡されないあたり優しい。
チャラ男も今後まだまだ登場する感じですかね。
新しい幹部はバブリーな女。
バイビーとか久々に聞いたわ(笑)
昭和感がすごいわけですけど、当然、今の子どもには通じないでしょう。
下手するとお母さんにも通じない気がするんですが、大丈夫か?

ハグたんが迷子になっててんやわんや、な展開もあったんですが、
まぁ、色々強引な展開で(笑)
後ろをついてきている娘が他人の赤ん坊を誘拐しても気付かない母親。
油断し過ぎです。しかもどうもその後、子どもとはぐれたっぽいし。
さらに赤ん坊がバッグに侵入しても気付かない男。
背後で赤ん坊が声を出しているのに気付かない。
これ、怖いですね。下手したら気付かないうちに誘拐犯ですよ(笑)
今回はハナ達が流れを見てたから大丈夫でしたけど。

あと、そう言えば、冒頭の挨拶が三人になりましたね。
プリアラはいちかオンリーだったので、
センター以外のメンバーも出てくれるのは普通にうれしい。
四人目が増えたら、また変わるのかな?
ハナは今回、プリキュアが三人になった記念に、みんなで出かけようって言っていて
四人になったらまた何かすると言っていましたが、
二人に増えたときは何もしませんでした(笑)
あと、ハナがお出かけを提案した時の、
ホマレとサアヤのノリの悪さが、あれ、思ったよりまだ距離感あるのかって感じ(笑)
まだ六話だから仕方ないね。
サアヤとかはハナが言うことならもっと素直に賛成するタイプかと思ってました。
ハナ教信者としての信心がまだ足りませんね(笑)

そしてまた工具に強い関心を示したりと、
新たな一面を見せてくれたサアヤですが、
次回はその過去が明らかに。
映画も前売り券は買ってあるので、月曜にでも見に行こうと思います。
ちょっと実生活が忙しくて更新が滞ってますが、
来週からはちゃんとしようと思うのでよろしくお願いします。
では!

母は偉大っと/トラウマっとプリキュア#3/4

先週はすみません!
ちょっと忙しくて書けませんでした。
というわけでまとめて3話と4話の感想です!

まず3話。簡単に済ませます。
2話の感想で
『この町、シンボルタワー的な塔が立っているんですが、
哺乳瓶の形しているんですね。窓が目盛りになっていて。
いずれこのタワーに遊びに行ったりするのだろうか。』
って書いたら、早速、遊びに行ってて驚いた(笑)

話としては、子育てを全体のテーマにすえる上で、
自分と母親の関係を見直したり、
人生の先輩としての母親という側面を見せたり、
序盤のうちに、やっておいて損のない内容だったと思います。

オシマイダーにされる酔っ払いについては、
1話2話の、ハナ達と全く関係ない、とってつけたような被害者とは違って
ホマレのキャラを見せる役割も担わせたりとか、
一応、話の流れにのせてハナ達と絡ませていた部分は、良かったと思います。
ただ、やはり、人を素体にモンスターを作るという構造は
被害者を物語の中心にすえる、ハトプリ形式でないと、
どうしても、ご都合感というか、とってつけた感を
完全に払拭できないな、と思います。

その点について、4話はオシマイダーにされる被害者が
話の主軸であるホマレにちゃんと絡んでいて
良かったと思いました。
そういうわけでここから4話の感想です。

ホマレがハナと同じクラスだったことが判明しました。
まさかの学校に来るけど授業には出ない系不良のホマレ。
その辺の情報を詳しく教えてくれるクラスメイト。
この二人組のクラスメイト、良いですねぇ(笑)

そしてハナがホマレをプリキュアに誘いたいと言い出したのに対する
「プリキュアって誘われてなるもんなの?」というサアヤの突っ込み。
うん、サアヤはまだプリキュアになったばかりだから知らないと思うけど、
案外誘われてなるもんなんです(笑)

ところで、今回ふと思ったんだけど、
プリキュアに誰かを勧誘するときって、
結構、みんな、顔のかわいさとか、
美人さを推薦理由にあげたりするじゃないですか。
もちろんそれ以外もあるけど、
今回のハナも、ホマレの外見的な魅力に言及してたし。

でも、美人か美人じゃないかなんて、
プリキュアになる上で、重要なことではないと思うんですね。
まぁ、商業アニメ的には、全員、かわいくないと困るんですが(笑)
ただね、そういうところをプッシュされるとね
『もし本当にプリキュアがいても、
私の顔じゃあプリキュアに誘われっこないわ(泣)』
みたいなね、ネガティブな考えも浮かんだりして。
つまり、何が言いたいかというと、僕達はこう見えて繊細なんですよ!っていう。
何言ってんだかわからないな(笑)
まぁ、最終的には、ちゃんと内面も考慮に入れてプリキュアは選ばれるので
何も問題ないんですが、ちょっと愚痴りたくなっちゃいましたね。
バレンタインデーとホワイトデーの狭間期間だから仕方がないですね。

4話のオシマイダーはホマレのスポーツ特待生時代の先生でした。
前述の通り、今までの中だと、一番ちゃんと話に組み込まれていましたね。
そして、まさかの変身失敗。
初回変身失敗はカレンさんを思い出させますが、
ホマレが勇気を出し切れなかったという、
自分の力が足りないことによる失敗だったのに対し
カレンさんは、心の隙間を見透かされプリキュア蝶の方から拒否された
ようにも見える変身失敗だったわけで
そういう意味で、やはりカレンさんの方が一枚上手の変身失敗と言えますね。

予告の時点で思ってたんですが4話は作画が特徴的でした。
作監の絵柄もそうなのですが、田中さんの演出も、その要因の一つでしょう。
いつも通りの良くも悪くもハッタリの効いた演出でした。

ホマレは次回で変身。
ちょっと変身バンクの頭身が、スタイル良すぎて
ちょっとハッタリ効かせすぎじゃない?って感じもするんですが(笑)
とても楽しみですね。
そして、ハリハムハリーはお店屋さんをやるんですね。
ただ、ちょっと計画が壮大すぎないかっていう不安。
そんなに色んなものてんこ盛りにして大丈夫?
美容師とか資格がいると思うんですが、
まぁ先輩達も資格や許可なしにお菓子屋さんを経営してたから仕方ないね。

最近、本当に感想が雑な感じになってしまって申し訳ない><
ではまた次回!
プロフィール

洗濯

Author:洗濯
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR