FC2ブログ

サンタクロースつかいプリキュア#46

勝木さんガチでいじめられてるやんけ……

珍しく当日更新ですが、
いやぁもう、どっから突っ込んで良いかわからない(笑)

まず勝木さんが、魔法使いとか関係なく
割と色々見えちゃう人であることが判明。
自分が見たものが間違いじゃないこと、
自分を信じるために魔法使いを探すんだ!
という思いは熱いのですが、
その理屈で行くと今後彼女は幽霊や宇宙人を探さなければいけなくなるのでは……
まぁ魔法プリの世界観ならそれもいておかしくない(笑)

で、教室で黒板を前に佇む勝木さんの場面。
非常に問題のシーンだと思うのですが
多分時期的には魔法使いを目撃する前の話だと思いますが、
黒板に描かれた幽霊とUFO、そこに赤いバッテンが……。
可能性は三つありますね

①イメージ映像である
②勝木さんが自分で描いた
③クラスメイトが描いた

これ③だったら完全にいじめやないか……
可能性は他にもあるにしろ③に見えてしまうことが可能である
という時点で、描写としてどうなんだろう、という。
まぁ勝木さんのボッチ感は端々から感じていましたが……。
そこは子ども向け特有の優しい世界観でカバーみたいな。
僕が勝木さんをあまり問題視していなかったのは
前提として、いじめ等の攻撃的な状況にはなっていないという
コメディ的なノリを考えていたからであって、
こういう方向でキャラを掘り下げちゃうと確かに危ういよなぁと思います。
まぁ、仮にあの手のいじめがあったとしても
すでに仲良くなっているマユミさんが感知している様子がないことから
現在の魔法使いについてはそこまで表立ったちょっかいは
出されていないのだとは思いますが……。
ちょっとシリアスすぎるよなぁ……。

というか
サンタがいるのに魔法使いが信じられない世界観
が相当、謎なんですが(笑)

サンタさんに手紙を出して、サンタさんがプレゼントを用意して
親経由でプレゼントが子どもに渡される、というのは
子ども向けの作品だと結構目にする設定ではあるのですが、
あそこまでナシマホウ界に関わってたら、
もう魔法使いの存在ばらして良いだろ!(笑)

ただ、もう今回は無茶苦茶すぎて、
この話を真面目に考えるだけヤボみたいなところまで
来ちゃってる感じがするんですよねぇ(笑)
そういうわけで、僕はこの回の矛盾については基本的に黙殺します!(笑)
勝木さんの話がなければ本当にお祭り回としてバッサリ切れるんですが
勝木さん視点だとかなりの重要回になるので、そこもまためんどくさい(笑)
う~ん、でも今回の話を真面目に勘定に入れちゃうと
本当に何が何だかわからなくなっちゃいますよねぇ。

設定が無茶苦茶でガリガリ軋みを上げている(笑)という点を覗けば
発想が愉快で悪くない話だったと思います。
勝木さんについてはまぁ色々意見はあると思いますが……。
マユミさんと仲良くなって良かったねって言うにとどめておきましょうかね。僕は。
サンタさんへの手紙の件とか、敵幹部をサンタと間違える部分とか
ギャグも独特のセンスがありましたね。
プリキュアが自分達が魔法使いであることを隠す部分は
相変わらずルールが曖昧で何とも言えないんですが(笑)
(魔法使いであることがばれちゃいけないってルールでしたっけ?
人に見られてるとこで魔法を使っちゃいけないってルールだったような
ちょっと見直してみないと正確なところわからないんですが
まぁ元々抜け道だらけのルールーだったしな)。

今回の戦闘で登場したドンヨクバールは
サンタの袋とゴミ袋を重ねているところとか、おもしろかったですね。
フェリーチェがお掃除するのもおもしろかったです。
まぁ皆に迷惑かける子にはサンタは来ません!って言いますけど
君達も「今かけたの魔法じゃなくご迷惑かも~」って歌われてますやん(笑)

そんなこんなで、色々問題はあるわけだけど
真正面から取っ組み合いはしにくい独特な回でした。
また何か思うことがあれば追記するかもしれませんが、
ではまた年明けに!
スポンサーサイト



さよならオルーバさんつかいプリキュア#45

メリー苦しみマス!

と、下らないジョークを言いつつ
魔法プリ45話感想です。

そうですねー
バッディさんが一緒に
こたつに入ってるのは
流石におかしいでしょ(笑)


これが一番言いたいことですかねー。
主君を失って失意の底にいるのは当然ですし
主君の敵討ちに走らないのも、
喪失感とニヒリズムに塗れていることを考えれば
あり得る選択だと思います。

でも一緒にこたつは入らないでしょー(笑)
だって敵なのよ?和解したわけでもなく撃破されて
復活したら自分の主君が倒されてるわけよ。
殊更敵討ちをしないにしても、こたつには入らないよー(笑)

確かに平成仮面ライダーシリーズ(特に初期)に比べて
プリキュアでは、悪を倒す力もまた暴力である、という考え方は
重視されていないと思います。
それでもいくら何でもバッティさんがこたつに入って
プリキュアに敵意の一つも見せないとなると
プリキュアの行為を作品としてあまりに肯定しすぎと言いますか……。

例えば、クシーを倒した後の
校長の悲しみや追悼の描写が殆どないことについて
個人的には子どもを混乱させないための
処理として受け入れています。
つまり、プリキュアが悪いやつを倒したのに
校長が悲しんでいたら、その場面を
どう捉えて良いかわかりにくくなるのではないか
という考えなんじゃないかと思うわけで、
もちろんどう捉えて良いかわからないものを見せることで
視聴者に考えさせるという手法はあるわけだけれども
魔法プリではそういうことはやらないよ、
というスタンスなのかなと。

ただ、そういうシンプルな物語構造の指向と
校長の友達が敵だった、そしてそこから繋がる
敵にも人の心が当然にあり
闇の魔法も普通の魔法も人の心によって作られた
同種のものなのだ、というような
善と悪に同一性を持たせる思想、設定は
かなり食い合わせが悪い。

制作者は、表面的な勧善懲悪と
その下の設定によって
いわゆる、大人になってさらに深い意味を理解できる系の
作品になると考えたのかも知れませんが
現状、かなりバランスを欠いた作品になっている気がします。
そのために、今回のバッティさん然り
現実的に見てかなり違和感のある描写が散見されるように思います。

そういうわけで、バッティさんの描写が
あまりにプリキュアに対して作品として肯定的すぎる
という不満はあるわけですけれども
「闇の魔法」もまた人間の心の上に成り立っていること、
そしてムホーに対してバッティさんが立ち向かい
闇の魔法とプリキュア達の魔法を同じ方向に向かせたこと、
の二点については、良かったなと思います。

闇の魔法の真実、みたいなことを前回言っていたので
闇の魔法は一見悪いものに見えて実は良いものだった!
みたいになったら困るなと思ったんですが
オルーバさんが混沌の復活のために世界にばら撒いた要素を
それと知らずに掻き集めた結果できたのが闇の魔法だった、
全てはオルーバさんの手の内だった、ということでした。
やはり闇の魔法は良いものではない、というラインを保ちつつ
でもそこに人の心があるからこそ、ムホーの劣化コピーにしかならなかった、
というのを示したのは良かったですね。

そして校長はクシーが闇の力に飲み込まれてしまったと考えていたけれど
人の心があるからこそ、ムホーの劣化コピーにしかならなかった、
というオルーバさんの話を聞いて、闇の魔法の中にも
クシーの人間としての心が宿っていることを知る。
そして最後にクシーの本を読むことによって
クシーが態度を急変させたのも闇の力に飲まれただけでなく
校長を巻き込まないための演技という部分もあったのだと気付く、と。

この流れは悪くないし、結構好きなんですが
やはりこういう展開にするなら校長のクシーに対するスタンスを
もっと偏った風に強調するとか、もう少しうまいやり方があったように
思える部分はありますね。
現状だと、やはり校長が大分浅慮な印象があります。

あと、今回はオルーバさんが退場したのが意外でしたね。
キャラ的にラスボス枠とさえ思っていたので、驚きました。
ドンヨクバールとモットヨクバールの戦闘は
作画の演出がそこまで好みではなかったのですが
こういう流れに持って行くかという意外性もあり、
熱くて良かったと思います。
今後、バッティさんが再登場するとしたら最終回かな?

不満もありつつ個人的には結構楽しめた回でした。
今回、ちょっと忙しくて、見直せず、
一週間前の記憶で書いているので、誤解等ありましたら申し訳ありません。
明日はクリスマス!魔法プリはサンタさんのいる世界のようですね!
ではまた!

○追記
書き忘れてましたが、今回の校長とクシーの
離れていても相手を思っているという話にミライが反応しているのが
物凄くリコ達とのお別れフラグを立ててきている気がして
プリキュアが世界を繋ぐためにはドキプリエンドしかないんじゃないの、
と思っているのに、最終回がどうなるか、わからなくなってきました。
今は離れ離れになるけど、これから私達の世界はどんどんつながっていくよ……私達の戦いはこれからだ。
私達はようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠い魔法坂をよ…
みたいな、終わり方になるんでしょうか(笑)

子どものおつかいプリキュア#44

ドラゴンボール超おもしろすぎワロタwww

あのヤムチャはズルいわー。
というわけで、魔法プリ44話の感想です。

結構終盤でこういう話を持ってくるか―と思ったんですが
こないだパワパフガールズZを観たら
もっと終盤の47話で幼児化回をやってた(笑)

魔法プリのシリーズ構成の村山さんの
デビュー参加作品でもあるパワパフZ、おもしろかったです。
一話完結のギャグ主体なので、所謂、主人公達の
積み重ね等は重視されていなくて、最終回とか
積み重ねがなさ過ぎてちょっと笑えるんですが、
全体通して愉快な話が多くて楽しめました。
もちろん作品の中でちゃんと成長するキャラもいますが(セデューサとか)。

ついでにパワパフZのシリーズ構成は浦沢義雄さん。
時々、浦沢さんのプリキュアが観てみたい!なんて声を見かけますが
そういう人はパワパフZを観れば良いと思います(笑)
主人公達の成長をあまり主体にしていない作りだと思うので
そういう意味ではプリキュアと違うわけですけれども
一放送二話構成でヒーロー物が成立出来ることを示しているわけで
魔法プリも低年齢層向けを指向するならば
このくらい冒険しちゃって良かったのかもなと思います。

魔法プリ44話はミライ達が小さな子どもになる回。
前回の感想にも書きましたが、元の顔が幼い分、
作画には若干の違和感。
でも非常にキュートで観ててのほほんとしました。

ただ、このネタならもっと話を広げられたし、詰め込めただろうなと思います。
終盤で縦の話を進めなければいけない分、時間が足りないんだろなとは思いますが……。

校長が若返りとも違うと言っているように
本当に若返るならハーちゃんは以前の姿に戻るはずですし
その辺は適当(笑)

しかし、女の子を幼女化する魔法とは……
闇の魔法……(意味深)
一体、クシーは何を目指していたのか(笑)

次回、闇の魔法の真の目的が明らかになるらしいのですが
インタビューで校長とクシーの話は省いている、というような発言があったので
最後までやらないかと思ったら、一応やるんですねぇ。まぁ終盤ですし。
今回もオルーバさんがクシーの本をめくっていたら
校長とクシーの写真が本に挟まっていましたね。
クシーも色々と考えがあって闇の魔法に手を出して、暴走したんだと思いますが
来週、その真意に校長が気付くみたいな話になると
校長の無能さがMAXですね(笑)

今回も、パンケーキ食べててナシマホウ界への到着が遅れますし(笑)
まぁ緊急って感じでもなかったですしね。食べ物は大事にしなければなりません。
ハーちゃんが魔法で消した後、テロップで
「パンケーキは校長が美味しくいただきました」って出さないとクレームが入る(笑)
際限なく巨大化するパンケーキは恐怖ですね。
ドラえもんのバイバインを思い出します。

今回は戦闘の描写が久々に悪くなかったですね。
モフルンのピンチは蜘蛛の糸だけでなく、
もっと盛り上げてほしかったところですが。
変身の勢いで幼児化脱出という
勢い任せの展開には笑いました。
いつもより多めに成長しております(笑)

今回はガメッツさんとバッディさんも復活しましたが
バッディさんはポンコツに……(笑)
確かにドクロクシーを疑うとか、
崇拝の裏返しである行動をとっていたり
忠誠心の強いキャラでしたからね。
次回はヤモーさんも復活するのかな?
予告でバッディさんはネタキャラみたいになってましたが(笑)

相変わらず戦闘狂のガメッツさんは
相変わらず海亀なのか陸亀なのか不明です
なんだかヤドキングみたいになってましたけど(笑)
復活して、ハーちゃんに挑みますが、オルーバさんが邪魔します。

ハーちゃんのみならずガメッツさんも拘束するあたり
オルーバさんは人の性格がわかっていらっしゃる。
ガメッツが勝負を大人しく中断するわけはないでしょうしね。
そしてハーちゃんを調べるためにミライ達ごと魔法をかけたというオルーバさんに
私のために他の人を巻き込まないでと怒るハーちゃんなのですが、
いやいや、君達結構楽しそうにしてたじゃん!
むしろオルーバさんに楽しい時間をありがとうと言ってもいいくらいやで!(笑)
ミライ自身、楽しかったとか言ってますやん!(笑)

まぁ実際、ミライは被害を被ります。
モフルンがミライの幼児化を隠すため風邪と嘘をついた結果、
夕食がミライだけおかゆになってしまいます。
お母さんが家に帰って来て、実の娘のミライの所在しか気にかけないなど
親馬鹿っぷりを見せたと思いきや、
病気で食べられない娘の目の前で、他の人に
エビフライにハンバーグ、しかもデザート付きというド豪華な夕食を出すという
中々の鬼畜母ぶりを見せつけてきます。
というかなんかのお祝いなのか?この夕食は(笑)
ミライが食べられないからこそ逆に夕食を豪華にした可能性は考えないでおきましょう(笑)

そんなこんなで、可愛くのほほんとしていたが
このネタならもっとイケたんじゃない?な44話でした。
ハーちゃんもクリスマス商戦に向けてエコーワンドの販促に余念がない(笑)
ではまた次回。

ひとつなぎの大魔法プリキュアつかいプリキュア#43

ジュエルッペット、クリスマス特番
おめでとうございます!!


と、全く関係ないところから始まりました
魔法プリ43話感想です。
この世界の過去が語られた回でした!
意外なキャラの再登場もあり、
情報的には重要な回でしたね。

妖精の世界にやって来たミライ達とチクルンを
妖精の女王が迎えます。
チクルンと感動の再会を遂げるチクルン、と思いきや……
TA・I・BA・TU☆
そう言えば最近のクレヨンしんちゃんには
げんこつとぐりぐりがないという話をこないだ友達から聞いて
へぇ~、時代だなぁと思ったんですが
女王による愛のあるチクチクにクレームの付かないことを祈ります(笑)

妖精達に歓迎され花粉のケーキを食べるミライ達。
花粉のケーキ……いやぁ花粉症には辛いっス。
その後、先(略)代の女王、またの名をレジェンド女王が登場し
ミライ達に昔話を聞かせてくれます。
気になるのはこの先(略)代女王と現行の女王の、
間の女王達はまだ生きているのか、という疑問ですね。
まぁそんな深く考えるネタでもないとは思うんですが(笑)

余談ですがホッツェンプロッツで有名なオトフリート・プロイスラーの
「小さい魔女」という僕の好きな児童文学があって(この作品はラストがすごい)、
これの主人公の魔女も127歳だけれど魔女の中ではひよっこ、という設定でした。
ファンタジーではこういう壮大な年齢ネタが結構定番ですね。
3000年は盛りすぎだと思いますが(笑)
まぁ「五億年経ったら帰って来る」とか言い出す詩人もこの世にはいますし。

そういうわけで、レジェンド女王の話によれば、
かつて世界は一つで、マザー・ラパーパという女神に守られていたと。
マザー・ラパーパ……
母なのにパパとはこれいかに
しかしそこにデウスマスト一座が興行に現れて(笑)
激しい戦いの末、デウスマストを封印したものの、マザー・ラパーパは倒れ
世界はバラバラになってしまった。

この昔話、知っているのはレジェンド女王くらいのもので、
校長も知らなかったようで、リコパパの発見によって
今回、気付いたようですね。
魔法界がナシマホウ界を発見するより前の時代に
ナシマホウ界で魔法界と同じ文字が使われていた、
という考古学的な説明は好き。
しかしマザーラパーパの話は結構重要なんだし
もっと大っぴらに語り継いでいて良いような気がします。
校長も大いなる禍について色々調べてるんだから
超高齢のレジェンド女王に話を聞いてヒントを得ようとかいう発想はなかったのでしょうか。
まぁ、校長だからね。多少無能でも仕方がないね(笑)

しかし、マザーラパーパの意思を継いで世界を一つに戻そう、
という発想が妖精たちにあってもおかしくないわけで、
魔法界の存在は知っていて、女王と校長は面識があるから
一応行き来はできるんですし、世界がバラバラになったのはわかりますが
プリキュアが登場するまでバラバラのままでいたというのは疑問ですね。
もっと交流を拡大することは可能だったと思うのですが。
人魚が人間を恐れていたように(アレも理由がよくわからないのですが)
妖精も人間を恐れているかというと、いきなり来たミライ達を
普通に歓迎してくれていますし(チクルンと一緒にいたこともあるんだろうけど)。
まぁ、行き来はできるけれども、そこまで簡単ではないとか
理由はあるのかもしれません。
現実の地球でも、国交があり、これだけネットで情報が普及しているのに
他国に偏見を持っていたり、あるいは道で外人に合うと緊張したりするわけで
(え!しないですか?僕はします!(笑))。

そう言えば「ナシマホウ界の発見」という言い方もおもしろいですね
アメリカ大陸の発見みたいな。いや元々原住民は知ってたから!みたいな。
魔法界がナシマホウ界を侵略しなかっただけ幸運だったのかもしれません(笑)
魔法界とナシマホウ界については、裏設定があるかもしれませんけどね。
それこそ魔女狩りの歴史であるとか。
でも仮に裏設定があったにしても、魔法界とナシマホウ界、
あるいは他の世界が、未だに非常に限定的な交流をしている理由、
みたいなものはもう少し明確に本編で描かれるべきかもなとは思います。

まぁ、魔法プリが人の繋がりを象徴的に描くものだと考えると
仲良しグループの中心人物がいなくなったら、
なんだか自然とグループ自体が解体してしまって
別に分かれたメンバー同士は仲が悪いわけではなくて
たまには合うし、そうなれば歓迎もするんだけど
なんか、なんとなく、疎遠な感じになっちゃうんだよね~
ということの比喩的な世界、とすればしっくりくるのかもしれない(笑)

そんな感じで昔話を聞いたミライ達のところへ
オルーバさんが登場。
彼はクシーの書いた闇の魔法の研究書を読んで
まさかのスパルダさん復活!
次回はバッティさんにガメッツさんも復活するみたいですね。
どう考えてももはや戦力不足、インフレについてこれていないのですが
個人的には予想外の展開で結構好き。
もしかしてクシーやヤモーの復活も……?

とにもかくにも妖精界で戦闘が始まります。
妖精界への迷惑を考えない攻撃、
さらにチクルンまでデコピンされて
妖精の血が流れるハーちゃんがマジギレ。
敵の狙いはミライ達なので、ミライ達のせいで妖精界が被害を被っている、
という見方もできるんですが、まぁ場所とか関係なく遠慮なしに襲って来るオルーバさんが一番悪いのは確か。
しかし今回の戦闘はちょっとどうかと思う部分が多かったですね。

まず敵の攻撃をミライ達がバンバン躱すんですけど、
その攻撃、躱した後ろで妖精の国を壊してない?みたいな(笑)
上の方に弾くか、妖精の国を守って体で受けるか、
そういう描写にしてほしかったですね。
それから敵の攻撃で怯むんじゃなくて、
避けた拍子に背中がぶつかって怯むミライとリコってどうなの?
いくらスパルダさんが弱いからってあんまりだよ(笑)!
まぁ、あのシーンはちょっとした隙を突かれそうになる、
というシーンなのかもしれませんが、ちょっとそれにしては
映像が合っていない感じがしましたね。
とにかくそこはハーちゃんが二人を助け、久々の個人必殺。
その後、合体必殺でフィニッシュ。

動画枚数を増やしてほしいとかいうこととは別の部分で、
もうちょっとちゃんとした戦闘を描いて欲しいですね。
最近おざなりだよ!

戦いの中でハーちゃんの中に何かを感じたオルーバさんは
これまた久々のオボエテーロで退却。
ミライ達も、チクルンとの別れを惜しみつつ、妖精界を後にします。
そしてレジェンド女王は、マザー・ラパーパが消える前に言った言葉、
世界を再び一つに繋げる魔法、その名は「プリキュア」、
とかなんかそういう話を思い出すのでした。
この流れだとやっぱり魔法プリのラストはドキプリみたいになるのかもしれませんね。

そんなこんなで色々あった43話でしたが、
次回はまさかの幼児退行回(笑)
幼児の作画に定評のある河野さんの作画のようですが、
予告を見た感じ、いまいちかなぁ~(笑)
元々のキャラデザインが目が大きくて子どもっぽいですからね。
リコもミライも。
この終盤でこういう話をぶち込んでくるか~という感じですが
縦の話は縦の話で進んでいるようなので大丈夫ではないでしょうか。
ではまた。

チクルンつかいプリキュア#42

珍しく真面目に語りますけども、
あ、いえ、いつも真面目なんですけども(笑)

今回のチクルンがムホー勢に従っていた理由を観て
ちょっとびっくりしまして、
ええ!その程度の理由で!?
とか(笑)
違う世界の者はわかり合えないとか言っていたのは
何か原因があるんじゃなく本質的にチクルンがひねくれていただけかよ!

とか(笑)
まぁ、後者についてはチクルンの出自なんかが今後出て来る可能性もありますが。
ミツバチだけにみなしごで、周りに馴染めずにいた(それが仕事のサボりにも繋がっていた)とか。

ただ、この理由があまりに子どもっぽいなと思って、
魔法プリがこれまでより対象年齢を下げていることはわかってたんですが
そこまでか、と思って、今まで全然チェックしてなかったんですが
監督や脚本のインタビューとかちょっと探して読んでみたんですね。

そしたら
魔法プリでは、夢が叶わない絶望みたいなことは描かない、
というような発言をしているインタビューがあって
その理由は、子どもがまだ体験していないことで、共感できないだろうから
というようなことだったんです。

つまり、そこでは例に「夢と絶望」が提示されていたわけですけども
魔法プリの政策方針として、それ以外でも
子どもがまだ体験していなくて共感できないことは極力描かない、
というものがあるみたいなんですね。

同時に、出来るだけプリキュアを中心に話を描く、とも発言していました。
サブキャラクターの物語を描きたい気持ちもあるけれども
子どもが観たいのはプリキュアだから、ということなんですね。

こういう方針が、正しいかどうかは僕はわかりません。
ただ、今回は、僕が思っていた以上に
本気でかなり年齢の低い子どもに焦点をあてて
話を作っているんだなと、インタビューを読んで感じました。
その上で今までの魔法プリを振り返ると
色々、なるほどな、と腑に落ちる部分が沢山ありました。

魔法プリにはずっと違和感があって、ブログの記事も歯切れ悪い部分が
多かっただろうなと思うのですが、それは、魔法プリを観て
出来が悪いな、と思う部分が、あまりにあからさまだったからなんですね。
脚本家と言うのは、脚本のプロですから、
しかも監督と話したり、大人が何人も集まって作ってるわけですから
話が変な出来だったらちゃんと気付くはずだと僕は思ってるんです。
だから、魔法プリにしても、僕が変だなと思う部分は
作り手だって気付いて当然だと思うんですよね
それなのに魔法プリは、変な部分がすごく目立つというか、
話によっては、素直にやった方が楽なのに
あえて変に作ってるようにさえ見える部分があって、
だから、逆にここが悪いとはっきり言いにくかった。
何だか、話の出来が悪いのではなくて
僕とは違う考え方に則って話を構成しているような印象を持っていました。

例えば、記憶に良く残っているのは8話ですね。
ペガサスが登場する話ですけれども、僕は感想で
エミリーを主役にして話を作った方が構造がすっきりするのになぁ
というようなことを書きました。
僕は物語の構造のスマートさに重点を置いてそう言ったのですが
魔法プリの作り手からすれば、
仮にそうだとしても、子どもが観たいのはプリキュアだから
プリキュアを主役として話を作る、という事だったのでしょう。

あるいは序盤で言えば、補習中のミライがどこに泊まっているか
という、寮生活の描写が観たいと僕は感想に描いた気がするのですが、
それも作り手からすれば、寮生活というものを
子どもが喜んで共感できるだろうか、という疑問があったのかもしれません。
寮生活を経験している未就学児というのは
かなり少ないでしょうし、親がいない場所で何日も夜を過ごす、というのは
中学生のミライは平気でも未就学児には恐怖かもしれません。
だからあえて寮生活はすっぱり切ったのかもしれません。
魔法界に友達が出来て、お泊り会の様相を呈するまでは。

子どもが知っていて、退屈しないことだけを描いていく、
という考えを持つと、魔法プリの多くの欠点が説明できるような気がします。
例えば、魔法学校に補習に行くことになったミライが
一度も家に帰らず電話一本で話を済ませたこと等に代表される、
魔法プリに散見される現実的な手続きのすっ飛ばし感は、
結局、それを描いても子どもが喜ばないと判断したからでしょう。
大人から見れば、そういう現実的な手続きの場面がちゃんとないと、
雑に感じてしまうのですが、そういう場面が、
物語を前準備であって、物語の本筋ではないのは確かです。
そして子どもが観たいのは本筋の方だ、という考えもわかります。

おもしろいのは、魔法プリは手続きをすっ飛ばしますが、
その「すっ飛ばし」とは「省略」ではないんですね。
前回の感想で、校長がクシーの遺品を探していなかったことを
水晶さんの台詞を変えるだけで、探していたことに出来るのに、
どうしてしないんだろうというようなことを書きました。
つまり、描いていないけど、映っていないところでやっていたんだよ、
と「省略」したことにすれば良いのに、と。

でも作り手はそういう「省略」を極力避けているように思えます。
なんとなく、作り手は、物語を理解するための子どもの補完能力には
限界があると考えているのではないかと思えます。
それは物語に描かれていないことを勝手気ままに「空想」することとは別です。
物語に描かれていないけど、物語を説明するためには、
起こっていたと考えなければならないこと、を想定する、というのは
確かに実のところ、高度な情報処理能力かもしれません。

ここでどうしても魔法プリには歪みが生じてしまいます。
話の前準備のような、話の現実性を補強するための手続きはすっ飛ばす。
しかしそれを画面外でやっていたことにするような「省略」はしない。
すると描写としては、すっ飛ばした粗雑な手続きのみが実際に存在するという
非常に不自然なものになってしまうわけです。
おそらくクシーに対する校長の描写の不自然さも、こうした歪みの結果だと僕は思います。

他に、インタビューを読んで、僕が勝手に(笑)
これは子どものためにそうしているのかもしれない、
と思ったことは、魔法の描写ですね。

魔法プリの魔法はおもしろみがない、という意見も聞いたことがありますが
僕自身、二度手間感のある魔法が多いなと思っていました。
魔法でペンを動かして絵を描くとか(笑)
魔法で針を動かして服を作るとか(笑)
ただこれも、子どもを混乱させたくないのかもしれないと思いました。
つまり、魔法を使って何かを作る時に、
いきなり結果に繋がるのではなくて、
子どもでもわかる具体的な過程を入れることで
無用の混乱を避けようとするような。
まぁ、ハーちゃんのようにいきなり結果に繋がる魔法もあるので
これは僕のこじつけかもしれません(笑)

そういうわけで、インタビュー等を読んで、僕が今まで魔法プリに感じていた
疑問や違和感や不満は、作り手が、今までのシリーズよりさらに
子ども向けであることに重点を置こうとした結果の歪みなのではないかと
僕は思うようになりました。

こういう事を言うと、子どもはそんなに馬鹿じゃないとか
子どもを舐めるな、という意見も出そうなんですが
よく思うんですが、その子どもって何歳くらいのことを言ってるんでしょう。
僕等は子どもと一口に言いますけども
小学生と幼稚園児じゃかなりの差があります。
さらに幼稚園児でも、年長、年中、年少でかなり違いがあることは
種々の実験が科学的にに示しているわけです。

例えば、これは大学の時に教員免許取得のための講義で
習った実験ですけれども(なので細部に間違いがあると思いますが)
子どもに絵を見せながら説明するんですが
①箱Aと箱Bがある部屋で女の子が人形で遊んでいる。
②箱Aに人形をしまって、女の子は部屋を出て行く
③女の子がいない間に、男の子が部屋に来て箱Aの人形で遊び、箱Bにしまって出て行く。
さて、ここで女の子が部屋に戻って来て、
もう一度、人形で遊ぼうと思います。女の子はまず箱Aと箱Bどちらを探しますか?

この質問、ぼおっとしてると大人でも間違える人がいるんですが(笑)
正解は箱Aですね。
何故なら女の子は人形が箱Bに移されたことを知らないから。
でもこれを3歳児に訊くと、大体、箱Bって答えるらしいんですね。
4歳児になると段々、箱Bって答えられる子が増えて
5歳児なら箱Aって答える子が多いけども、それでも箱Bと答える子もいる。

つまり、発達の個人差はありますが、本当に小さい子どもって
自分の知っていることと他者の知っていることを区別できないわけです。
自分がわかっていることは他者もわかっているというような認識になる。

そういう年齢の子どもに焦点を当てて話を作る場合に
大人と同じ論理で作れるものだろうか、というのは確かに疑問です。
だって極論を言えば、僕が心待ちにしている(笑)、
勝木さんがリコとミライを振り回す話をやったとして
リコが魔法を使っているけれども勝木さんはそのことを知らない
という根幹の状況を理解できないかもしれないってことですよ。
子ども達はリコが魔法使うの観てるわけだから。

インタビューを読んで、今までの話を思い返してみて
魔法プリは本当に、そういうかなり、今までよりもさらに下の子どもに
狙いをつけて話を作っているように思うようになりました。
だからと言って、魔法プリはよく出来ていると言う気もありません。
退屈な部分をすっ飛ばすのではなく、退屈にならないように描く方法もあり得たわけだし、
そういう小さい子ども向け路線が徹底しているとも思えない部分もある。
そういう子ども向けを狙いつつ、もう少し上の世代も気にかけないといけないという
プリキュアブランドとしての制約もあるんでしょうけど、
バランスを欠いていると思う部分も多い。
実際、時間的な問題等もあって、練り切れなかった部分も多いのだろうと思います。

けれど、魔法プリの作り手が、何も考えていないとは僕は思わないし
子どもにおもしろいアニメを観せようという熱意がないとも思わない。
失敗していたり、上手くいっていない部分はおそらく多分にある。
それでも、ちゃんと魔法プリは、子どもが喜ぶやり方を試みようとしていると思う。
そのやり方が正しいかどうかはわからないけれど。

長くなりましたのでそろそろ〆ます(笑)

そういう感じで色々うだうだ考えていた結果、
チクルンについてなのですが、
チクルンはムホー勢に従うことを暴力的に強制されていた状態なわけです。
実際には殴られたりしてないけれど、金縛りで体の自由を奪うとか
実際やられたらかなりの恐怖ですよね。
こいつは俺の体を自由に出来るんだってなもんで。
で、じゃあ子どもが一番体験している、共感しやすい暴力的な強制ってなんだろう、
と考えてみると、それって大人に叱られることだと思うんですよね。
まぁ、愛のある躾を暴力と呼ぶのは気が引けるんですが
でも実際、怒られるのって怖いし、
怖いから渋々やりたくないことをやるわけです。
だから、ここでチクルンの動機として、人に叱られるのが怖い、
というのを持ってきたのかなと思いました。

ただ、どうしても大人から見るとしょぼいというか、う~ん。
やっぱり話の展開とチクルンの動機で重さが釣り合ってない感じと言いますか
バランスが良くないんじゃないかなぁという気持ちになりますね。

以上、今回の話のチクルンの動機以外の部分について
全然語っていないわけですけども、長くなったので
こんなもんで今回の感想という事にしたいと思います。


○P.S.
あまり「子どもから見ると」って話はしたくなくて、
というのも実際に子どもと触れ合う機会がないので
僕が子どもの気持ちを代弁しても、それは僕が僕の都合の良いように
想像して作り上げた非実在の子どもを使って、僕の意見を
正当化することにいかならないように思うからなんですが、
今回の記事ではどうしても「子ども」の視点、というものを
考えなければなりませんでした。

感想を書く以上、それは僕の感じた僕の意見として書くべきなわけで
けれども、魔法プリが僕の考えるような作りであるとするなら
僕の視点でそれを評価したり論じたりするのには限界があると言いますか、
つまり、まぁ、今後も歯切れの悪い感じで続けていくことになるように思います(笑)
プロフィール

洗濯

Author:洗濯
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR