FC2ブログ

二重登校つかいプリキュア#41

なんて言うか
修学旅行回って感じでした。
魔法プリ41話の感想です。

お泊り回って言うのは他のプリキュアにもありますけど
見張りの先生がいる状態だったので、ノリとしては
本当に修学旅行に近かったですね。
こっそり楽しいことする、という魔法プリの方針と
そういう意味では合っていたかもしれません。

魔法界とナシマホウ界が近くなったというので
カタツムリニアで走ってみると……本当に近い!
そういうわけで、ナシマホウ界での学校が終わった後、
魔法界の学校に通うことに。
魔法界とナシマホウ界で時差があるのか
学校の授業時間が違うのか
単純にナシマホウ界の学校が半ドンの時なのか
細かいことはわかりませんが、
魔法学校の授業も受けます。

授業中は補習メイトで固まって席に座ります。
補習時代はリコ・ミライと他三人で
別々に座っていたりしたので一安心(笑)
授業中のお喋りも良かったですね、
前回の誕生日プレゼントも上手いこと拾います。

そして翌日が祝日のある日、
魔法界にお泊りすることに。
ところで祝日は翌日のはずなのに、
普通にミライの父親が家にいるんですが(笑)
どうしたんでしょう?不定休なのかな?
単純に土日休みじゃない人かな?

しかしリコがナシマホウ界で暮らす間に
ジュンがリコの部屋を物置に。
自然な流れ(笑)でジュンの部屋に皆で泊まることにします。
ケイとエミリーも遊びに来て、微笑ましい夜を過ごします。
しかし魔法学校の消灯時間は早い。
なんたってまだ夕方。
年中、春とは言え、それまだ夕ご飯も食べてない時間では?
わかりやすいとは言え夕焼け空っぽいのは
演出がやりすぎだったかもしれません。
まぁ、魔法使いって老人が多そうだから寝るのが早くても仕方ないね(偏見)

消灯時間以降も見回りの教頭先生に隠れながら遊びます。
先生が来ると寝たフリするの、いやぁ、懐かしい感覚ですね(笑)
というかエミリーとケイはジュンの部屋に泊まる理由がないので
寝てようが寝てまいが、他の生徒の部屋にいる時点で
教頭先生は注意が出来た気がしますが、
今回は色々と大目に見てくれているようです。

そして、ジュンがリコにサプライズプレゼントを渡したりします。
ジュンのみでケイとエミリーはプレゼントを渡しませんが、
ジュンは案外、その辺に気が回りそうなタイプですよね。
ケイは多分忘れてたんでしょう(笑)
エミリーは……
誕生日プレゼントを選んでみたけど
迷惑だったらどうしようって怯えている内に
渡すタイミングを逸しちゃった
のかもしれません。
経験ありませんか?(笑)

そう言えばミライとハーちゃんはリコに何かプレゼントしたんでしょうか。
まぁパーティで祝ったから良いのか。日付も知らなかったみたいだし。
ミライは場所提供してるしな(笑)

それから補習メイトがこうやって仲良くなったのも
ミライのおかげ、と言うような話も出ましたね。
最近のミライ上げはちょっと露骨で苦手ですが、
確かに具体的に何をしたってわけではないんですが
ミライという珍入者によって、あの補習が印象深いものにはなったんでしょうね。
実際、ジュンとエミリーとかは普通なら友達になりそうにないですし。

初代回帰がよく指摘される魔法プリですが、
初代では互いに(特になぎさに)それぞれ仲の良い友達がいて、
それぞれに居場所の確立している二人が、
ぶつかって仲良くなる、という感じでしたが
魔法プリではリコは魔法界でボッチでしたし
ミライもナシマホウ界でそこまで強烈に友達がいるって感じでもなくて
それぞれバラバラなものが、段々とリンクしていく
という印象を受けます。
補習メイトが繋がったり
まゆみと勝木さんが繋がったりとか。
そういう意味でナシマホウ界の代表ミライと
魔法界代表のリコが、二つの異なる世界の
交流を象徴する、という面では少し弱くなってしまったかもしれませんが
それぞれの人の繋がりを作っていくという面では、
この描き方も悪くないかなと思います。

そんなこんなで楽しんでいるミライ達の一方、
校長先生はミライ達が友達といる姿に、かつての友、クシーに思いをはせます。
個人的には、校長がクシーに対してドライに見える描かれ方を
していることについては、そこまで文句はないですし
その手の描写を意図的に省いている部分もあるんだと思うんですが
お前のやったこと何一つ残らなかったよ
みたいな言い方はどうかと思いますよ。

これは校長擁護派の僕でもちょっと、
もうちょっと言い方あるだろうって感じでしたね。
少なくとも、危機を回避しようって思いはあったわけだからさ。
クシーのやったことが正しかったとは全然僕は思わないし
殊更、クシーを擁護したいわけではないんですが、
何だろうな、失敗した人間に対する優しさと言うかね(笑)
そういうのもう少し感じさせる台詞にしてほしかったなとは思います。
方法は間違っていたがお前の志はまだ残っているよとか。
まぁ、校長もすごく複雑で悲しい思いを抱えた上での、
一見、酷い台詞なのかなとも思わなくはないわけですけども。

そして、校長はクシーが倒された場所へ。
大分時間が経っているから、仮に何かあっても海の底だと水晶さんが言う。
というか、倒した後、遺品探しくらいしなかったのでしょうか。
「あの時も探して、何もなかったじゃありませんか」
みたいな水晶さんの台詞でも良かったような気がしますが。
まぁそこにムホーの人が登場。

そして校長が夜の空を飛んでいるのをたまたま観ていたリコ達がやって来て
ムホーの人に襲われる校長を助けます。
う~ん、野外の外出とか絶対校則違反だなこれは(笑)
そして戦闘なんですが、
最近の魔法プリの戦闘はちょっといまいちだなと思います。
敵に攻撃されピンチ→何かそれっぽいこと主人公が言う→敵撃破
はプリキュアの戦闘の王道パターンなのはわかるんですが
それにしても安易すぎるように思います。
敵がほんの一発か二発攻撃
→ちょっと苦戦っぽい雰囲気からすぐにそれっぽい台詞へ
→敵撃破、みたいな。
あまりにもスムーズに淡々と王道の形だけをこなしている感じと言いますか。
もうちょっと戦闘に尺を取って、戦闘描写を頑張ってほしいですね。

そしてドンヨクバールを倒しますが
ムホーの人はクシーの書いた魔導書?を海から引き上げます。
魔法はムホーに及ばないとかさんざん言ってたわりに
今さらそんなものを……。
まぁこの眼鏡の人は結構、魔法についても
他のムホーの人と違って興味を示していますからね。
今後の展開が気になりつつ、待て次回
次回は料理回。
ポンコツになるのは誰だ!?(笑)
スポンサーサイト



誕生日つかいプリキュア#40

いやぁ!眠いですね(笑)
コメント返信もう少しだけ待って下さい、すいません

魔法プリももう40話ですか。
今回の絵本で語られた物語も含め
どのように要素が回収されていくか気になるところです。
絵本の話によれば、
寄り添っていた二つの星が離れ離れになってしまった
ダイノアースとアナザーアースかな
これは恐らく魔法界とナシマホウ界のことだと思いますが
そこから、現在、何故魔法界は魔法をナシマホウ界では隠し
互いの世界は一部の交流以外は疎遠化しているのか
ということが説明されればありがたいなと思います。
ムホー勢達の話に出て来る謎の存在も気になるところ。

そんなこんなで今回はリコの誕生日回もとい誕生日会。
なんとリコママはナシマホウ界でお料理研究家として活動していました。
その割に言動が隠す気ないというか危なっかしいんですが(笑)
見るからにおっとり系不思議キャラなので、普段は変なこと言っても
周りの番組スタッフ達が笑って流しているに違いない。
ミライ宅でケーキを作った後
「愛情入れ(はぁと)」とやった時、
ミライのお母さんは喜んでましたが
ミライのおばあちゃんがすごい顔してて笑いました。

そんなこんなで突然、ミライ宅にやって来たリコママですが
更にリコ姉、リコパパも突然訪問してきます。
ミライ宅に事前連絡はありません。
かけてるのは間違いなく
魔法じゃなくご迷惑ですが
校長を見るにつけ
魔法界にはホウレンソウが大事、
という認識が基本的に欠如してるのでしょう。

事前連絡なしにしてはあまりにも盛大なパーティですが
リコの話を聞く分には魔法界では普通の規模らしいので
誰かの誕生日の時は周りに多少ご迷惑を掛けても仕方がないし
逆に掛けられても仕方がない、という文化が魔法界にはあるのでしょう。
人の家を借りてパーティをやって、家の持ち主の許可を得ずに
近所の通りがかりの人を参加させるのもそう考えれば納得できます(笑)
魔法界では誕生日は無礼講、
知人だろうが他人だろうが分け隔てなく祝う、ということなのでしょう。

飾りの規模や被っている帽子など、
どちらかと言えばクリスマス感が漂いますが
ミライパパの服装だけ謎。何故メキシカン(笑)
リコパパが持ってきた写真機はおそらくナシマホウ界製ですが
かなり旧型のもの。一体どこで仕入れて来たのか……。

とにもかくにも豪勢で目立つ誕生日会、
まぁ確かにこれはリコが嫌がるのもわかりますね。
好きな人は好きそうですが。
そんな誕生日会の隅っこでリコパパに近況報告など。
リコママやリコ姉にはまだリコがプリキュアとは
言っていないらしいのですが
そもそもなんでプリキュアってバレちゃダメなんだっけ?
と、毎度毎度突っ込むのも飽きてきましたね(笑)魔女ガエ(ry

ところで、序盤はリコの家庭環境に問題がある説、
を唱えていた私ですが、そんなに問題のない温かい家族でした(笑)
まぁ皆、優秀ではありそうですが、リコを責めている部分もないようですし
リコ的にはその優しさが逆に辛い、というのもあったのかもしれません。
ただ、両親とも仕事が忙しそうな感じはします。
リズ先生がかなりリコの面倒を見ていたのでしょうね。

そんなこんなで和やかなパーティの後、シャーキンスが登場。
珍しくプリキュアを謎空間に引き込んで、親切にも
大ボス、デウスマストについて説明してくれました(笑)
全てを混沌に飲み込む、つまり全ての秩序を破壊する存在の模様。
全てのルールを無視して発動するムホーの大元というところですね。
戦いの末、リンクルストーン、タンザナイトの力で謎空間から脱出。
タンザナイトってワープするヤツかと思ったら、
あれはまた別のストーンでした(笑)
タンザナイトで何故、謎空間から脱出できたかは不明。
その後の戦闘でもリンクルストーンで色々と技を使います。
リンクルストーン技も案外、使ってるので
結構印象に残ってきましたね。ピンクトルマリンとか。

そしてシャーキンスさんを倒した後、
ちょっと照れちゃうけど、やっぱり家族の愛って最高、
と気付いたリコが家族にお礼を言って別れます。
そしてリコと家族がお別れした夜空に、
今度はミライとハーちゃんがハッピーバースディの文字を
描いてプレゼントするのでした。
リコがテスト中のミライに送った応援メッセージを思い出しますね。

そんなこんなで次回からは
なんと学校に行った後、放課後に魔法界に!?
大丈夫?キララと同じくらいハードワークじゃない?
魔法界とナシマホウ界が近付いているというのも何かを匂わせてますが、
一日に二か所も学校に通うなんて、ここにきてもっと話は賑やかになりそうですね
では、数時間後を待ちましょう(笑)

お祭り(ハロウィンナシマホウ界編)つかいプリキュア#39

いや~珍しいな。
最新話が放送される一週間前に感想書くなんて(笑)
しかし寒くなりましたね。
寒いと朝起きれなくって
当日寝過ごしちゃって録画での視聴になりました。

ところで前回の感想のタイトルが
お祭り(ハロウィン魔法界編)つかいプリキュア#38
だったんですが、
魔法界のアレは別にハロウィンではなかったんですね。
ナシマホウ界へ向かう電車の中の会話によれば
魔法界の生徒はハロウィンについて知らない様子。

ハロウィンなら多少おかしい奴等魔法使いがいても問題ない、
ということで、魔法界の生徒達がナシマホウ界へ社会科見学に。
補習メイトだけかと思ったら、結構な大人数。
流石に学生全部は無理でしょうから、一年生だけとかかな?
まぁ後半はほとんど画面に映らないモブ達なので
あまり深く考えるのは止めましょう(笑)

浮かれる魔法界の生徒の皆様にハーちゃんから
ありがたい注意事項です!
魔法はこっそり楽しくね!

勝木さんに被害が出ているということで
まぁ色々と意見もあると思うんですが、
個人的にはこの考え方ってすごく好きで、
こっそりいけないことをやるって楽しいでしょう(笑)

パトレイバーの後藤隊長も
煙草は喫煙室じゃなくトイレで隠れて吸うのが
旨いのだとおっしゃっていますし。

秘密の共有って子ども番組ではよく使われる題材ですし、
主人公達と視聴者の間にある種の共犯関係を築くというか、
作り手の狙いとして、魔法プリはそういうのがあるんだと思います。

プリプリの主人公達がかなり根が真面目なキャラだったので、
そこからの差別化という意味もあるのかもしれないですけども、
ちょっといけないことしているわくわく感と言いますか(笑)
プリパラのアロマゲドンなんかもそうですけど
ちょっといけないことするキャラ、みたいなのって
多分、子ども達にも需要があると思うんですよね。
ただ、それはそれとして因果応報とか、
そういう部分はしっかりしてほしいわけではあるんですけど。

話を戻して、ナシマホウ界について
お祭りを楽しむ面々。
リコがハロウィンについて、
死者の魂が戻って来る話などをして
異界との交流としての儀式として
ハロウィンを定義します。

このハロウィンの中で、実際に
魔法界とナシマホウ界の人間が交流する、
と言うのが今回の話でした。

でもハロウィンで交わる異界の者が
生者に対する死者と考えると、これは、
魔法界=死後の世界説
を提唱できるようになるのでは!?
内容はめんどくさいので誰かでっち上げて下さい(笑)

そんなこんなで補習メイトと一緒にいたミライ達は
勝木さんとマユミさんに遭遇します。
う~ん、すっかり仲良くなってますね、この二人。
以前あったことがある補習メイトとも意気投合。
その後、生徒会長になった眼鏡君が運営するクレープ屋へ。
このクレープ屋はなんなんですかね?
ミライ達が参加してないところを見ると、
クラス全員参加的なものではなく
生徒会が中心となって有志が集っているのでしょうか。

大繁盛しているクレープ屋ですが
そのせいで人手が足りない!
そこで補習メイトが魔法で手助けをしますが、大・失・敗☆
それを見て笑うチクルン。
別の世界の存在が助け合うなんて
上手くいくはずがないというチクルン。
やはり何かを隠しているようですね。

魔法の失敗は手品の失敗ということでフォロー。
魔法の失敗で凹み、自分達にはもう何も出来ないと言い出すあたり
魔法が当たり前の魔法界の人間の反応としてリアル
何をするにも魔法が前提になっているわけで、
そういう世界で魔法が下手だった昔のリコを思うと……。

でもミライとリコは補習メイトにナシマホウ界風のやり方を教えます。
魔法が使えなくても手伝うことはできる。
それぞれが自分の手を動かして協力した結果、
クレープ屋の運営は成功を収めます。
ついでにハーちゃんは子どもの頃を思い出したのか七変化して遊んでました(笑)

異世界の者同士が上手く協力して仲良くなっている。
そんな光景に驚くチクルン。
ここでモフルンが露骨にミライを上げますが、
この辺のミライ上げはなくても良かったかなー。
まぁ主人公をよいしょするのは、アイカツスターズも含め
近年のトレンドのようなので、仕方ないのかもしれません。

その後、仮装と間違われたベニーギョさん(17)との戦いになります。
ドンヨクバールの攻撃がバルーンに当たりそうになって、
身を挺してそれを止めるキュアミラクル!
このシーン、一瞬、プリキュアの弾いた攻撃が
バルーンに向かって飛んでったのかと思って驚いた(笑)
自分で弾いて自分で止めるってマッチポンプか!?
と思いましたが、よく見たら、ちゃんとプリキュアが弾いてない攻撃がありました。

ミライ達が守ったバルーンは
手をつなぐお化けのバルーンでした。
戦闘終了後、ミライ達とは別の場所で
もう一つの物語がありました。
手をつなぐバルーンを背景に
再会したミライのお祖母ちゃんと校長先生の手が触れ合います。
このシーンはちょっとグッときちゃいましたね。
お祖母ちゃんと校長の出会いが、
今の魔法界とナシマホウ界の交流にも繋がっているわけで。
校長先生に会って、魔法使いを信じたお祖母ちゃんがいたからこそ、
ミライも魔法使いに憧れて、リコと友達になったわけですから。

横の繋がりだけじゃなくて、世代間の縦の繋がりを示すことで
今回描いているものが、ぐっと大きくなったように感じました。
異なる人との繋がり、という魔法プリのテーマにおいて、
今回の話は、ある種、総決算的と言うか
魔法界とナシマホウ界、チクルンとモフルン、過去と未来、
色んな繋がりを見せてくれた良い回だったのではないでしょうか。

もちろん、これまでの話が、よく出来ていたとは言いにくい部分もありますし
そういう異なる者同士の交流が、これまでの各話で良く描けてきたとも言えないかもしれませんが、
それでもこうやって今回の話を観ていると、やっぱり39話分積み重ねたものはあると思います。


さて、一週間後の次回は(笑)
なんとリコの誕生日回で、リコのお母さんが登場するみたいです!
なんだかんだ言って、ちゃんと家族全員登場しましたねぇ。
ではまた!
プロフィール

洗濯

Author:洗濯
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR