FC2ブログ

GO!花のプリンセスプリキュア#18

今回は、はるはるが「プリンセスになる」という夢を
明確化するお話でした。

作画もバリバリ気合が入っていて、良かったと思います。

○出だし
パフがいきなりレモネードさんみたいになって笑った(笑)
アバンはテンポが良かったというか、僕が期待してたせいかもしれませんけど
花のプリンセスの作者が~って言う流れから
はるはるの久々の前口上でOPが始まる感じが
テンション上がりましたね。

○花のプリンセス~あらすじ
花のプリンセスのあらすじが判明。
これはおそらくこれからのプリプリの今後の展開を暗示しているわけで
すごく嫌な予感のするあらすじでしたね(笑)

和解とか、許しとか、近年のプリキュアでは危険ワードですから。
和解も許しも良いですけど、倫理観的な部分も色々あるし
上手くやってほしいですね。

○花のプリンセス~結末
一冊で完結してなくて、別に完結編が出る絵本って珍しい気がする。
いや、結局完結編はでなかったんだけども。

作者が完結編を書かなかった意図に、
最終的にはるはるが気付くって流れかと思ったら
作者が全部話してくれましたね。
プリンセスのあらすじもあって、Aパートは台詞が多かった気がする。

○トワイライト様決戦及びトワイライト様とはるはるの因縁について
トワイライト様が自ら戦いに出向きました。
周りのみんなを額縁に閉じ込めるって言うのが
去年の鏡に閉じ込めるのに似てましたね。

実はここでいくつか僕は気になってしまった部分があって、
まずやっぱり、トワイライト様と対になるのははるはるなんだなぁって言う。
みなみんやきららがトワイライトとぶつかり会った時に
「気品はあるけどお前が○○が足りない」
「才能があるけど○○が足りない」
みたいに二人の足りないものを指摘するのではなくて
「気品や才能があるけど私にはかなわない」
という言い方なんですよ。
その上ではるはるに「気品も才能もない」と言う。
つまりここでみなみんやきららは
はるはるを下げるための機能を担わされているだけで
二人とトワイライトの間には対立するものがないわけですよ。

今回ははるはるのメイン回だし、
それに必ずしも三人全員にトワイライトと因縁を持たせる
必要はないって意見も当然あるしわかるんですが、
そもそもプリンセス目指してるのってはるはるだけだよね
っていう突っ込みは結構色々なところで見るわけで、
プリンセスの問題って、タイトルにもなっている通り、
物語の本筋なわけだけれども、その本筋になった時に、
みなみんときららがおまけみたいになってしまうのが、
仕方ないと言えば仕方ないのかもしれないけど、
上手く摺り寄せていって欲しいなという、そんな気がします。
イルカ回でトワイライトがみなみんに興味を持った時とかちょっと期待したんですけど。

もう一つは、今回はるはるが
トワイライトに憧れててって話をするわけだけど、
それがここまでの間に上手く描けていたかなっていうのがあります。
バイオリン回の感想ではるはるの憧れについて僕も言及しているけど
その回以降はるはるがトワイライトに憧れを見せたことってあったっけみたいな。

今回の話の中では、前提となるトワイライトに対するはるはるの気持ちの描写は
あまりなくて、その部分は今までの積み重ねを利用しているわけだけど
僕の中ではその辺りはまだ積み重ねられていない部分で
はるはるがトワイライトのことで卑屈になったりとか
感情とか人格を色々揺さぶられて、みたいなのを
これからやっていくんだろうなぁと思っていたので
もう答えに辿り着いちゃうの?
って少し思いました。

と、文句を書きましたが、作画とか迫力あったし
今回もおもしろかったと思うんですけどね。

○はるはるのプリンセス像
プリンセスを目指すってなんだよ、
という言葉を各地で見てきましたが(僕も初めの頃言ってましたが)
ようやくはっきりとはるはるの目指すプリンセス像が描かれましたね。
内容は予想通りですが、非常に重要なことです。
特にはるはる自信がその具体像を自覚したというのが大きい。

○敗北のトワイライト様
髪下ろした方が個人的に好み。
もし仲間になるなら普段はそういう髪型で行きましょう。

○作者の正体
ふーん(笑)
このオチはあってもなくても良かったかな。


次回は日常回で息抜きでしょうか。
トワイライト様のお怪我が心配です。
以上です!
スポンサーサイト



GO!私天才だからプリキュア#17

ゆいちゃん出た

ゆいちゃん出た

ゆいちゃん出た!

予告で面白いと思っていましたが
期待通り面白かった!
予告から想像して、観たいと思ったものを
ちゃんと観せてくれたって感じ。

アロマ回は文句を言いましたが
やっぱり全体に香村さん担当回はおもしろいですね。

まぁまずアバンからおもしろいですよ。
バレエの練習をするみなみんとはるはる。
これがもう「見慣れた光景」になっているのも良いですよね。
ヴァイオリンの練習もしようね。
そしてきららの載っている雑誌を買い揃えているはるはるおもしろい。
はい、1おもしろい入りましたー。
宮田くんに対する一歩くんみたいになってるよはるはる。
そしてそこにきららが登場。
話ながらの、きららの珍しいバレエシーンおもしろい。
はい、2おもしろい目入りましたー。
どうです、アバンの時点で2おもしろい獲得ですよ。
そして、予想通りきららの前口上でOPへ。

そんなこんなでみんなで会場の下見に行く三人。
そこできららの母ステラに出会います。
久々の再開できららに頬ずりするステラさんがぬるぬるしすぎ(笑)

きららの友達と聞いてみなみんとはるはるにも頬ずりするステラさん。
ぬるぬるしすぎ(笑)

しかしきららにはるはるとみなみんを
友達と紹介されたときのステラさんの反応。
なんかこう、嬉しい驚きって言うか
きららに友達がいるなんて!みたいなニュアンスを
感じてしまったのは僕だけですか(笑)?

なお、やはりアロマは飼われていないことが判明

その後、ステージの下見をし、明日へのプレッシャーを感じるきらら。
若干ナーバスなきららに対しステラはお泊り会を提案。
外出許可をちゃんと取るのもちゃんとしてて良い。
学園の卒業生とあってシロガネさんとも面識あり。
しかも要件をほぼ説明しないでも伝わる
スムーズなやり取りを見る限り、
学生の頃からステラがこういう突然の提案をして、
シロガネさんが対応してきたんだろうなぁっていう
ステラの性格とかも表せてて、見事な描写だったと思います。

その後のプリクラのきららの変顔はインスマス顔並にネタにされそう(笑)

そして家に帰りますが
きららの明日に対する神経質さと対比される
ステラのズボラ加減やキャラがまた見事ですね。
きららのお父さんも判明。
芸能人夫婦のことをはるはるが知らなかったのは
ちょっと不自然かもしれませんが、
視聴者と同じ目線で驚いてくれます。

兎にも角にも最終的に張りつめているきららが
母の豪胆さについに爆発!
母は追い出すがみなみんとはるはるは追い出さないあたりがきららの良いところ。
幼少の頃の「ちょっとダサくない?」事件など
ステラにまつわる長年の不満を大放出。
僕も一晩中ステラエピソードを聞きたいですね。
絶対笑えるエピソードが盛りだくさんですよ。
あときららの赤ちゃんの頃の写真の方も見たいです。

そういうわけで、準備はできなかったけど
きららはすっきりして良い意味での開き直りに達します。
全てステラさんなりの気遣いだったわけです。
ステラさんは自分を天才だと言うけれど、
同じくらい自分の娘の才能(と努力)も信じているのでしょう。

ボワンヌも緊張の解けたきららの笑顔を褒めます。
あれ……
待って……
ボワンヌのデザインした服、ちょっとダサくない?

きららも母なりの気遣いに気付いたりなんだり、
観客席ではみなみんとはるはるとゆいちゃん達が
開演を待っています。
パフの髪型が笑いを取りに来ているとしか思えない(笑)

そこにトワイライト様とシャットが登場。
観客の声に答えるトワイライト様が、
プリンセス的なズレっぷりでおもしろい。

夢がたくさん集まる場所、というので大勢の観客を
まとめてゼツボーグにするのかと思ったら、
ステラのみでしたね。
しかし一人から二体のゼツボーグ。
三人から一体のゼツボーグだったはるはるの家族の夢は
ステラより弱かったってこと?とかそういう意見を言う人がいそうだが
それは野暮ってものですよと先に釘を刺しておきますね!
そういうことじゃないでしょ。

そして、戦いの中できららは新しいキーを手に入れます。
ステラの中に埋まっていた!?って感じで出てきましたが
きららとステラの思いにひかれてワープしてきたって感じですかね。
きららの夢がはっきりしているからっていう点はあるだろうけれど、
前回のキー入手よりすっと受け入れられました。
前回は前フリの描写の悪さもありますが、ちょっと話を大げさにし過ぎたようにも感じました。
今回は今までのきららの夢の流れにちゃんと乗っていて
共感も感じられる描写で、変な言い方ですが
丁度良い成長具合だったと思います。

ゼツボーグを倒して、ステージも大成功。
最後のきららとステラのやり取りも良いなぁって感じで、
今回は本当におもしろかったなぁってとこで終わりです。

次回ですが、すでに家族回をやったはるはるはどうするのかと思ったら
花のプリンセスの作者が登場。
はるはるの夢の原点を、まさに見つめ直す話になりそうですね。
次回もものすごくおもしろそう!
ゆいちゃんも活躍してるみたいですし!
超期待!

GO!海のプリンセスプリキュア#16

ゆいちゃんは……?


ゆいちゃんは……?


ゆいちゃんは……?


う~ん、今回は成田さんの脚本回でした。
個人的にはハピプリ後半のような、
若干ついてけない感じを受けてしまいました。
プリプリの中では、特に最近の好調さの中では
いまいちの出来だったんじゃないでしょうか。

イルカのティナとみなみんのお兄さんの
二つの要素を入れたのがちょっと欲張りすぎだったかもしれませんね。
ティナとみなみんの関係の描写が乏しくて
後半の盛り上がりにノれなかった気がします。

ティナが子どもの頃のみなみんの命の恩人なのはわかりますが
基本的にそのエピソードの一点張りで、
後はやたら傍にいて撫でたりすることで、
みなみんとティナの関係の深さを表現しようとしてはいますが、
もっと他に具体的な話が欲しかったですね

命を助けられたことがきっかけで、知りあって
その後、みなみんとティナがどういう風に仲良くしてきたのかっていう。
みなみんとティナの関係に深みがないと
後半の展開の説得力が弱くなって、上滑りしてしまう。
丁度、ハピプリで、足場がしっかりしないまま
言葉だけやたらに「愛」を語っていたのと同じような。

まぁ、ティナだけでなくお兄さんも含めて
全体として、海への思い、というところに繋げているんでしょうけど、う~ん。


あと別に思うのは、これは成田先生のせいではないんですが
今、プリキュアがパワーアップする必要性がないんですよね。
トワイライト様が出てきたけれど、敵が強くなった印象がない。
実際大して苦戦せずに勝ってますし。
だから、新しいキーの出現が、本当にただのイベントでしかなくて
どうも自分の中で盛り上がらないというのもあります。


さて、細かい感想に話を移しますが、
今回はみなみんのOP口上から始まりましたね。
来週はきららがやるのかな。

そして海藤家はやはり大金持ちでした。
きっと冷蔵庫にキャビアや伊勢海老が入ってるおうちですね。
みなみんのお兄さんは若くして10の会社の社長。わー。
プリプリの中ではお姉さん的立場のみなみんも
お兄さんの前ではちょっと甘えん坊な妹で、
新鮮な魅力を見せてくれました。

みなみん兄を見たはるはるときらら。
何故抱きつく……?
その他、食事中の漫才など、みなみんがメインのせいか
脇のはるはるときららがコンビになって動いてましたね
一緒にタコに捕まったりね。

お兄さんは周りの人からも慕われており
きらら曰く「これはモテるわ」
そう評されたお兄さんの周りには
たくさん男性が集っていました。
あ、モテるってそういう……。

お兄さんと仲良くするみなみんを見て、
何故か崖の上でそれを見ていたトワイライト様は
胸の中がそわそわしちゃってるみたいです。
これはどういう伏線でしょうか。気になります。
孤高を尊ぶ態度はやはり寂しさの裏返し的な、あれでしょうか。

そして今回はロックさんとシャットさんが二人で出動。
お兄さんをゼツボーグにされ、みなみん変身バンク
→ゼツボーグの攻撃をかわす
→駆けつけたはるはるときららの変身バンク
のバンク連続の流れに、尺のもったいなさを感じてしまった僕は
余裕の足りない現代人。

シャチのゼツボーグは、クジラのホシイナーをなんか思い出しました。
あのDX3で青チームに突っ込んでくる奴ですよ。
はるはるを空中で小脇に抱え海に戻るゼツボーグの動きに
何故か笑ってしまった。あの動作、なんだか愉快じゃないですか?(笑)

そして今回は二体、タコのゼツボーグも登場。
同時にゼツボーグ二体は、二度目ですね。
メンバーにタコ嫌いがいなくて良かった!(笑)
タコゼツボーグの素体は、みなみん兄にタコの刺身を食べさせてた漁師さんですね。
彼の夢は一体どんな夢だったのでしょう。
大ダコの触手で女の子を捕まえたいとかそういう……
そう言えば昨日のジュエルペットでも主人公達が大ダコに捕まってましたね。
吸盤で頬っぺたをきゅっぽんきゅっぽんしてました。

まぁ今回、後は新キー入手な展開があるわけですが
前述のとおりあまりノリきれなかったのでこれ以上の感想は割愛で。

次回はきららちゃんのお母さんが登場。
家族回が続いて大変結構です。
予告見た限りすごくおもしろそうな気がする!
もの凄く楽しみです!ではまた。


P.S.今日の仮面ライダードライブはすごくおもしろかったですね。
話自体も良かったですが、ドライブの目が光るところとか、
昔から持っている装備を豊富に使って見せてくれたのとか、
そういう演出も個人的に盛り上がりました。

GO!マジカルチェンジプリキュア#15

今回は香村純子さん脚本でしたね。
執事見習いのアロマが執事試験を受ける話。
オチが良かったですね。
アロマを簡単に合格させないだけでなく、
アロマ自身に辞退させるところが良かった。

あとは戦闘も良かった。
相変わらずアイディアが光りますし、
躍動感あふれる戦闘でした。
パンツが見えないかハラハラしました
なんか足の感じがフェチっぽくなかったですか(笑)

冒頭、午後ティーを上手くいれられるようになったはるはる。
バレエもそうですが、ちゃんとレッスンが継続している感があって
プリプリのそういうところ、すごく好きです。
そこで、執事見習いということをシャムールに暴露されるアロマ。
「見習いなのにあんな上から目線だったの」
と、視聴者の気持ちをいつも代弁してくれるきらら。

そして次の日執事試験を受けることになったのですが、
シャムールの謎能力によりアロマとパフが人間に!
こいつ!レッスン空間の外にも干渉できるのか!
(そう言えば冒頭から人間体でレッスン空間の外にいましたね!)
アロマが鳥のまま執事しているイメージも出てきましたから
普段、お城では鳥の姿のまま働いていて
今回は人間世界で活動しやすいように、という特殊な配慮でしょう。

朝起きていきなり男子がいてはるはるとゆいちゃんは大騒ぎ。
ああ、ゆいちゃんがだんだんリアクション要員になりつつ……。
僕らの如月さんも騒ぎを聞きつけ登場。
女子寮に男子を連れ込んだとあっては大問題ですからね。

一方パフも人間に。まぁ今回はおまけみたいなものです。
パフの存在を誤魔化す時のみなみんの反応が良かったですね。
だんだん崩れてきた硬さがなくなってきた感じがします。
パフはシロガネさんから家事を教わります。
四角い部屋を丸く掃くとか言うレベルじゃない(笑)

さてアロマはやる気満々ですが、
自分の能力を見せたいばかりで、肝心のはるはるの気持ちを
思いやらなかったために、試験に不合格になってしまいます。

アロマはその後、ある老婦人とその婦人に仕える執事に会い、
心の通じ合った二人から執事のあるべき姿に気付くわけですが、
アロマが、良い執事を見て、自分の執事としての欠点に気付くというのは
ちょっと話としては、そのまんま過ぎたかもしれないですね。
流石に道を歩いていて偶然、執事を連れた老婦人に会うというのは
かなりご都合感があるのはいなめない。
背景に映して登場の前フリはしていますが。
この老婦人も、一回限りのゲスト?ですよね多分。

その後、老婦人をディスダークが襲い、
庇った執事がゼツボーグに。
今回はロックさんとトワイライト様。
ロックさんはあんまりトワイライト様に良い印象を持ってないのかと思いましたが普通に一緒に来ましたね。
トワイライト様を取られたシャットさんは嫉妬心を燃やします。
ああ!シャットさんがブレンさんになってしまう!
余談ですが、今日のドライブで「どうして仲良くできないんだ!」
と怒ってたハート様がおもしろかったです。

そして戦闘。
執事は格闘もできる、という誤解。
アロマは今自分がフローラのためにできることは何か考え
皆を呼ぶために走り出します飛んだ方が速そう
例え敵に逃げたと笑われようが、主人のために自分ができることをする、
他者から見た格好よりも、主人の思いをくみ取り、思いやる、
そういう執事のあるべき姿の実践ですね。

話の盛り上がり的には、もうちょっとみなみんたちを呼びに行くアロマに困難があっても
良いかもなとは思いましたが、しかし必死に頑張る姿はやはり胸を打ちます。

アロマの頑張りで助けに来た二人(到着がめっちゃ早い。プリキュアの機動力パない)
と一緒にゼツボーグを倒し、アロマも執事として一つ成長して一件落着。

アロマとパフの人間化、及び再試験はいずれ描かれるかな?
なぁにアロマくん、ミルクだって見習いじゃなくなったんだ、
君だって正式な執事になれるよ。二期があれば。

さて、次回は、海ィ?
作中ではもう七月でしたっけ?
まだ五月に海話とははやいはやい。
ではまた来週も楽しみにしましょう!

P.S.今回の記事のタイトルのマジカルチェンジは、
土曜の朝やってるジュエルペットマジカルチェンジからなんだな。
気軽に観れるギャグアニメで精神衛生上、洗濯が大変お世話になっているんだな。
前々回は主人公がメロンパンを食べて暴走したり
前回は巨大なキティちゃんと巨大なマイメロちゃんがぶつかり合ったり
中々アレなギャグと、二回りくらい古いキャラデザインに癒されるんだな。
こちらもオススメなんだな。

GO!もも姉、ならぬもも妹プリキュア#14

あ~癒されるんじゃ~。
開始一分で大体どんな話か
予想できる話って良いですよね。
最近疲れてるせいか、
ベタな話を観た時の安心感が大好物です。

今回ははるはるの妹が登場。
髪型がのぞみに似ていると話題でしたが、
名前はまさかの「ももか」でした。

え!?どういうこと!
もも姉なのに妹なの?
つまりのぞみともも姉は同一人物で
はるはるはえりかのお姉ちゃんってこと!?
そしてはるはるのお父さんは西さんで
こまちさんは腹違いの姉妹なんだ!
何言ってるかわからねーと思うが僕にもわかりません!

ゆいちゃんの今日のお仕事:どら焼きの食レポ
おしい!
先々週なら勝負に勝って新作を食べられたのに。

お姉ちゃんのことが大好きなのに、
いざ学園で楽しそうにしているお姉ちゃんを見たら
ちょっと嫉妬して、なんだか悲しくて、不機嫌になった妹ももか。
妹の反応に得意の顔芸を披露していくはるはるがおもしろかった。

はるはる「咲いちゃった」

僕「こんなん爆笑ですやんwwwwwww」
ももか「……」

まぁとにかく、
ももかにはきららが、はるはるにはみなみんが、
それぞれに家族の話をして、それを聞いた
ももかとはるはるは互いの気持ちに思い至って
二人は仲直りします。

そこに現れるシャットさん&トワイライト様。
シャットさんを表す言葉はただ一つ。気持ち悪い。
はるはるの家族をまとめてゼツボーグに。
はるはるの家族の夢ははるはるがプリンセスになることでした。
夢のイメージ映像がお花畑すぎる(笑)
複数人同時ゼツボーグ化はハピプリを思い出しますね。

家族をゼツボーグにされたはるはるはマジギレ。
もも妹からのプレゼントであるアクセサリーをアロマに預け、戦います。
ゆいちゃん「アロマ、それ私の役目!」
そして撃破。
負けを認めぬシャットさんにトワイライト様は見苦しいマネをするなと言い、二人は去ります

そう言えば、何故か今日は応援アプリの調子が悪く
上手く起動できなかったのですが、題名のない音楽会になっても
まだ僕は何とかできないかいじり続けていました。
トワイライト様に軽蔑の目を向けられること請け合い。
隣にいる親から軽蔑の目を向けられたよ!

最後、はるはるはもも妹のプレゼントのアクセを付けて
練習したバレエを一生懸命い披露するのでした。
クレジットを観ていたら、今回は成田さんの脚本だったんですね。
ハピプリはアレでしたが、やっぱり長年やっていらっしゃる方なので
ベタなものをちゃんと書く技術を持ってるんですよ。
そして、これは観ていて気づきましたが作監は河野さんです。
成田さん×河野さん
これは安心感があるはずだわ(笑)

ちょこちょこ文句じみたことも言ってますが
やっぱりプリプリはちゃんとおもしろいですね。
ここ二年の流れからどうしても素直に観れない面が出てきてしまうのですが
何か変なことを書いている時は、プリプリ面白いのに馬鹿なこと言ってるなぁ
と生暖かい目で見守って頂けると幸いです。

ところで今回みなみんとゆいちゃんの家族は来てたんでしょうか。
あときららパパは……?
*観直したら一年生の家族を呼ぶパーティと言ってましたね。みなみんの家族は来てないです2015.5.10追記
いずれ登場があると嬉しいです。
全寮制と設定を聞いた時、家族描写は投げ捨てたものだと思っていたので
今回の話はとても嬉しいエピソードでした。

次回はなんとアロマとパフが人間に!?
うっ……前々年の記憶がっ……
しかし、アロマの執事試験とは意外です。
アロマも成長を秘めたキャラだったのか!
また来週!
プロフィール

洗濯

Author:洗濯
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR