FC2ブログ

仮面ライダーWを観たんだってヴァ!(長い)

プリキュアは一応全シリーズ後追いで観ているんですが
仮面ライダーと戦隊はあんまり観ていなくて、でも
最近非常に興味が湧いてきて、色々観てみようかなと。

それで世評の高い仮面ライダーWから観てみました。

○感想
すごくおもしろかったです!(小並感)

これ、最初どこまで話を考えてたんですかね。
結構、どんな風にも転ばせそうな話の進み方で、
だから良い意味で、どうなるのか先が読めなくて
ずっと飽きずに興味を惹かれ続けた、という感じでしたね

一点に向かって話が進んでいって、終点から振り返って、
そのピンと張った道筋に感動するというよりも
リアルタイムで面白さを感じるタイプの作品だと思いました。

霧彦さんが死んで驚いたりね、
若菜さんが幸せになるよう祈ったりね、
楽しかったですよ(笑)

話もハードボイルド風と言うか、ちょっと大人向けと言うか
冴子さんと井坂先生の関係とか、
依頼人が必ずしも完璧な幸福を手に入れられなかったり
左が優しさゆえに裏切られたり。

探偵物と言ってもフィリップのチート図書館のせいで
本格的な推理ではないんだけど、でも事件の真相が
段々明らかになっていくっていうプロットは物語として吸引力がありました。

キャラクターも良かった。
霧彦さんとか、若菜さんとか、ミックとか、
ジミー中田とか、リリィ白金とか(笑)

もちろん主人公二人も好きだし、
話の本筋的には全然キーマンにならなかった亜樹子も
キャラが立ってましたよね
(鎧武の舞がほとんど物語上の装置になってしまっていたのと
対照的な感じがしました。)

でもなんと言っても照井竜ですよ。

最初仮面ライダーアクセル見たとき
だっせええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!
って思って実は今でもデザイン的には
トライアルも含めてそう思っているんですが(笑)
でも照井竜というキャラクターがかっこいいから
アクセルはやっぱりかっこいいんですよ!

もうね、思い返してみると、最初の戦闘で
まだ変身できない照井竜が重い剣を引きずりながら
敵に向かっていくじゃないですか。

もうあれが照井竜ですよね。
初めて見たときはちょっと笑っちゃったんですけど
照井竜というキャラクターが馴染んでから改めて見てみると、
なるほどあれは非常に照井竜的な行動だと思うわけです。

で、変身の掛け声とか。
変っ……身っ!
このタメっ……。

照井竜にとって、家族の敵を討つために手に入れた力、
変身はぐっと重みがあるわけですよ。
だから変っ……身っ!

「変っ」
の後「……」の間に左とフィリップが
「変身っ!」
そして照井竜の「身っ!」
このタイミングも素晴らしいじゃないですか。

ライダーとしてのデザインはWの方が好きですけど。
と言うかWのデザインサイコーですよね。
シンプルで、同時に奇抜ですよ。ジョーカーエクストリームで
二つに割れたときはどうしようかと思った(笑)

メモリの入れ替えも楽しいし、数も丁度良かった。
片側三本ずつの、全部で九パターン。
ドライブのタイヤ交換は多すぎて覚えられないんだけど(笑)
あとシフトカーはまだ出てきてないやつをいくらでも
増やせるからちょっとご都合主義的なところがあるけど
Wは有限でも組み合わせのヴァリエーションがおもしろい。

ファングのメモリのデザインも好きなんですよ。
ファングは組合せができないけど。
ファングは装着した後折りたたむじゃないですか。
するとベルトのメモリ挿入口が閉じれなくなる。
挿入口を一度閉じないとメモリ交換ができないから
ファングを装着しているときはメモリの交換ができない。
メモリの交換を「しない」んじゃなくて、ちゃんと
「できない」デザインになってるところが良いです。

あとWエクストリームのデザインも好き。
Wは左右で完全に分かれてるわけですけど
二人が融合して一つになったエクストリームは
真中に融合地帯とでもいうべき部分が出来上がって
非常に理に適っていますね(笑)

デザインで言えばテラーのドーパントもかっこよかったですね。
ナスカやウェザーが今風のデザインなのに対し
テラーは古い怪奇テイストというか、なんたら大帝とかいう名前で
昭和ライダーに出てそうというか
(昭和ライダーもほとんど見たことないんですが)。
素敵です。


Wで一番好きなエピソードはエクストリームの初登場回。
「強いだけのWに価値は無い。君の優しさが必要だ、翔太郎!」
って台詞がもう最高。

このエピソードはおやっさんのやり残した依頼についてのもので
翔太郎はずっとおやっさんに対するある種の劣等感と言うか
コンプレックスを抱えてきたキャラクターなわけじゃないですか。
おやっさんのやり残した依頼に関わって、でもその優しさのために
翔太郎は裏切られしくじる。自分でも自分の甘さが心底情けなく思えて、
そこでこの肯定なんですよ。
翔太郎と言う人間の存在に対する肯定なんです。
いなくなったおやっさんの代わりを務めようとして
不安だったり迷ったりしながら必死でやってきた。
でも結局自分はハーフボイルドで何もできやしない、
Wに変身することさえままならない、そう心が折れかけた時
「君が必要だ」って言われるんです。君は間違ってないって。
こんなの泣くしかないじゃないですか。


あと話したいのは、映画についてですが
映画はAtoZしか観てないんです。
かなり本編とリンクしてますよね。
映画観る前に本編を全部観たので、
知らない間に壊れてる風都タワーとか(笑)
不死身のネバーってなんだよとか(笑)

本編だけだと亜樹子はおやっさんの死を知らないままだし。
というかおやっさんはどうなったの?
仮面ライダースカルって何っ!?
ビギンズナイトの詳しい話も本編では出ないし。

そう言うわけでこれから映画も一通り見ようかなと思います。
その後は、オーズ!ではなくぴーすけさんおすすめの剣を観てみる予定です。
スポンサーサイト



そなたでござったかチャージプリキュア#41

結局あれじゃないですかね、今回は。
ファントムを許すという展開が許せるかどうかという。

いままでのシリーズでも敵を許すという展開というのは
あったわけですが、ドキやハピがあまり上手くないのは
あまりにも許す前提でキャラクターが行動しすぎている、
という点ではないかと思います。

(もちろんファントムには前フリがあるわけですが
そもそもその前フリ自体がすでに許すことを前提に
始まっていると言いますか)

まぁ他のシリーズでは、一番わかりやすいパターンとしては
敵が正体を隠して主人公たちと触れ合って友達になって
そこから和解に繋がるパターンですね。

ここで主人公達は、触れ合いの中で
相手の本当の優しさや善心に気付いて
それで初めて和解という選択肢が現れるわけですが、
ドキやハピの場合は、この
「本当の優しさや善心に気付く」という部分なしに
和解という選択肢がすでに存在して、しかも主人公達は
ほぼ迷いなくそれを選ぼうとする、という感じがします。

だから、ドキハピにおいて相手を許すということに
説得力を感じないと言う意見が結構あるんじゃないでしょうか。


話は若干変わりますが、
悪にも悪の事情がある、ということと
悪は存在しない、ということは
全然違うことなのに、時々混同されているような気がします。

事情が仮にあっても、そこには被害者がいるわけで
悪いことはやはり悪いことなんですよ。

例えば、ファントムは愛のため、と言っていますが
彼が隔離したために長く娘と会えなかった親が沢山いるはずで
彼等は昼夜問わず娘を心配し探し続けていたかもしれない。
つまり、ファントムは自分の愛のために、
他者の愛を踏みにじっていたわけです。

だから、彼は物語上何か贖罪をしなければならない。
別に死ななくてもいいんですけど。
それが今後描かれることを期待します。


まぁ、その許す/許さないの問題を置いておけば
アクションとか、そういうのは良かったんじゃないですかね。
僕はハピについてはもう敵を許すとかそういうの諦めてるんで(笑)
案外楽しめましたね。

何だか、あんまり頭が回らないのでこんなところで。
三幹部がさよならする?次回を待ちましょう。

休日チャージプリキュア#40

いつもリアルタイムで放送を観た後
リアルアイムで観れない知り合いと録画でもう一度観て、
都合二回観てから感想を書いています。

だから知り合いと時間が合わないと
二回目が中々観れなくて、感想が遅くなったりします。

そういうわけで今頃なハピプリ感想#40

一度目観たとき、Aパートはすごく良いなと思ったんですよ。
誕生日会に来なかったクラスメイトが出たところが良いですね。
古田かなさんの恋顔エフェクトとか、ひめの顔芸とか
笑いどころもあって良かったですね。
窓の外まで溢れる光を放つゆうゆうとかは
好き嫌いがわかれそうなギャグだと思いますが(笑)

神様に言われたからめぐみは頑張ってるんだよ~
と、誠司君の目の前で言い放つひめはもうちょっと
誠司君の気持ちを考えてあげよう!

そしてここ数回増えている気がする
ひめの他メンバーに対する好意の描写
これは最終回で別れる前フリですよね?

最後はやっぱひめがブルースカイ王国に帰るから
皆とお別れする、ひめの独り立ち、みたいなのが観たいなぁ。
どうせ鏡があるからいつでも会えるとか言ってはいけません!
アカルン持ってるせつなとのお別れだって悲しかったでしょ(笑)

そう言えばスマプリで、レイカさんが留学を止める話について
いつでも本棚で会いにこれるのに
そんなに別れを悲しむのはおかしい!っていう批判を
時々見かけるんですが、単純に、中学生ぐらいの年代で
学校が変わるって言うのは大きいと思うんですよね。

もうその友達たちと運動会や遠足や、あるいはもっと日常的な
学校生活を紡いでいけなくなるって言うのは、悲しいでしょう。
もちろんスマプリメンバー間にある種の依存を感じる、
という感想はわからなくはないんですけども。

閑話休題。

一回目観たときはAパートが良いなと思ったんですが
Bパートはあまり乗れなかったんですね。
でも二回目観たときはBパートも悪くないやんって思いました。

まぁ皆さん、恐ろしいほど強くなりまして。
ちょっと大げさ過ぎねーかなという気はしますね。
多分一回目で乗れなかったのはそれのせいかもしれない。

二回目はもう少し落ち着いて観れたので
変身中に変装したり、戦闘描写の工夫が感じられて
それで悪くないって思ったのかもしれないですね。

そして最後のチャンスに失敗した三幹部ですが
もうさっさと幸せになれよ(笑)
例年のアイテム収集に関するもうすぐ詐欺に代わって
ハピプリは敵幹部の幸せになるなる詐欺かよ

もうすぐみんな幸せになるにゃ~

ところで幹部自身には戦闘力ってないんでしょうか。
サイアークに戦わせてばかりですが。
そしてサイアークの設定は相変わらずブレブレ。
サイアークになったことを認識しているはずなのに
何事もなかったかのように町の人は平和に戻ります。

文化祭回では戦闘自体の記憶が周りにない
みたいな雰囲気だったけど、今回もそんな感じ。

さて、そんなこんなで次回はついに敵地侵入?
露骨なクリスマス衣装も手に入れましたし、
クリスマス回も気になるところ。
あんまり期待しないで待ってるよ!

二週間ぶりチャージプリキュア#39

ギャグ回を期待してたんだけどな~。
別に取り立てて言うこともない回というか。

イノセントフォームでの各自のパワーアップした技は良かったですね。

ん~あとはヒメがゆうゆうとべたべたしたり
いおなに甘えたりするところは好きでしたね。
この若干依存感がある描写が
最終回にひめが独り立ちする前フリだったらいいなぁと思います。

というか、ついに救い出した姉妹の別れの話で
これだけ盛り上がらない話って言うのもすごいんですが。


私が勝ったらお姉ちゃんここに残って!
というやり方は構造的に興味深いですね。
と言うのは、いおながお姉ちゃんに勝つほど強ければ
お姉ちゃんが残る必要はないんですね
(いおなの心理的にはあるわけですが)。

つまり、いおながここで出している
お姉ちゃんに残ってもらう条件を果すことは、
同時にお姉ちゃんが残る必要がないことを証明することでもあるわけ。
そう考えると逆に、
ここでいおなちゃんが負けるということは
お姉ちゃんがアメリカに行ってしまう条件であるとともに
いおなちゃんにはお姉ちゃんがまだ必要だということを
示すことでもあると言えるわけ。

ちょっと極論入ってますけども、
そういうアンビバレンツな要素を含む条件設定だと思うんですね
(アンビバレンツって言いたいだけちゃうんかと)。

この矛盾を上手く解消する話を自分で勝手に想像したりすると
まぁ中々面白い暇つぶしになりますよ(笑)


で、今回の話だと、いおながお姉ちゃんと戦って、
いおなが普通に負けて、でも
「強くなった」ってお姉ちゃんが言ってくれるという、
正直ちょっと安易な展開だったと思うんですが。

と言うのは、いおなが「強くなった」って言うお姉ちゃんの言葉に
いまいち説得力を感じなかったんですよね。
空手自体は速攻でお姉ちゃんが楽勝したようにしか見えないし。

もちろんこの「強くなった」は空手のことだけじゃなくて
色々な要素を踏まえたうえでの「強くなった」だと思うんですが
前回の戦いとかで、いおなの成長を
お姉ちゃんは色々感じ取ったんだろうけども
(神様にもそう言っているしね)
まぁ、一週間空いたことだし、今回の話の中にも
今までのハピプリを通して、いおながこんな風に成長したんだっていうのを
お姉ちゃんにも視聴者にも見せるような描写がもっとあって良かったのかなって思います。

いおながこういう風に成長したから
お姉ちゃんがいなくても大丈夫で
そしてまたいおな自身がそのことに気付いて
納得するというような構図が
今回の話の中だけでも完結しうるように
もっと印象的に描かれてほしかったというか。
言いたいことはわかるけど、それを印象的な
話にする工夫が足りてないような気がしました。

あとはこれは好き嫌いの問題でしょうけど
あんまり他のメンバーが話に関わってこなかったのも寂しかったですね。


最後に、これは色んな所で言われてると思いますが
設定的な問題が結構ある回だったと思います。
鏡があるのに、世界のプリキュアを助けるためアメリカに行く、というのは変ですし
そもそもお姉ちゃんがまたプリキュアになれた理由がよくわかりません。
ブルー様がもう一個プリチェンミラーあげたんでしょうか。
あれ何個でもあげられるものなの?
だとするとわざわざ大いなる願いを使って変身アイテムを出したフォーチュンさんは一体……

そんな感じで
あまり褒められた回ではなかったと思います。
ゆうやくん再登場の次回に期待。

【購入】馬越ワークス改訂版【けって~い!】

馬越ワークス改訂版を買ったんですが
これ、改訂前を持ってない人は当然購入けって~い!ですが
(発売中の川村ワークスも持ってない人は購入けって~い!)
すでに改訂前を持っている人も、買った方がいいですよ。

ぱらぱらめくった印象で、
ページがすげー増えてるなって思えるぐらい増補されてます。

具体的に言うと(帯に書いてあるには)44ページ増えてるらしく
全部で250ページ程度の本ですから、これは相当ですよ。
もちろんプリキュアだけではなくて、おジャ魔女16のラフ&インタビューも
追加されてますから、そちらのファンも必携ですね。

さらに表紙イラストも新しくなってるし。
え?表紙なんて本屋で眺めればいーやって?

のんのん!表紙カバーを外すと出てくる絵がまたすげーいいんだよ!

それに今なら買うとイラストカードの特典付きだ!
どこで何がもらえるかはプリキュアガーデンのニュースを見てくれよな!
ついでにamazonだとダークさんのカードがもらえるぞ!
メイン四人以外がこういう特典になるのは珍しいので僕はダークさんにしました。

でね、この特典のダークさんとユリさんが
同じ構図で描いてあるって言うのも泣かせるじゃないですか!

そして同じ構図だけど、二人の目線が違うんです。
ユリさんは真っ直ぐ前を見ている。未来を見ているんですね。
でもダークさんの目線はこちら側を見つめているんです。
見守っているんですよ。
ダークさんは死んじゃって未来には行けないけど。

ああ~こういうの本当にもう、ねぇっ!

そんなわけで、
とにもかくにも購入けって~い!な馬越ワークス改訂版なのでした
プロフィール

洗濯

Author:洗濯
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR