FC2ブログ

たおやかチャージプリキュア#9

いやぁ、たおやかでしたね!

たおやかな指使いから始まるたおやかな挨拶
あえて決め台詞を言わないのはたおやかな伏線です
そしてたおやかさんのたおやかさを象徴するたおやかな退場

ああ、もうたおやかがゲシュタルト崩壊して
うまくたおやかを認識できなくなりそうです
NS3でたおやかさんが目に入らなかったのもきっとそのせいですね!

ともかく前回の事実上の敗北を受けて強くなる努力を開始するめぐみとひめ。
とりまジョギングを開始すると、ご飯をおいしく食べるために走る女、ゆうゆう登場。

ジョギングはロング、スロー、ディスタンス、そしてミステリアス!

強くなるためにオーバーペースで走っためぐみとひめは早々にへばります。
存外にめぐみは体力がない。
一方一定のペースで走り続けるゆうゆうは息一つ乱さず、へばった二人を
追い越していくのでした。

まるでウサギとカメ。
昔話の寓意のとおり一歩一歩地道にやることが大切、
というのが今回のテーマですね。

その後プリキュア助手せいじくんの案内により空手道場で修行することに。
僕はエクササイズの修行とかの方がたおやかじゃないかと思うんですが・・・

さて、道場には氷川いおなズンさんが。
彼女は師範の孫だったのです。

氷川いおな・・・一体何フォーチュンなんだ・・・

そして門下生の新キャラかずみちゃん登場。
初対面でビビるくせに速攻で呼び捨てするひめさんすげぇや!

その後、せいじくんの指導の下、ワックスを塗る特訓が開始されます。

ワックス塗る!ワックス拭く!

しかし手早くさっさと強くなりたい二人は
地味な防御の特訓があまり気に入らない様子。

そんな二人にミヤギさんせいじくんが訊ねます。
「なんで強くなりたいんだ?」

ひめ「もちろん敵をボッコボコにするためだよ!」
めぐみ「せいじだって相手を倒すために空手やってるんでしょ?」


プリキュア史上最も好戦的な回答いただきました。

せいじ「俺は自分を鍛えるためだ!」

ひめ「よくわかんない」
めぐみ「ねー!」


こいつら・・・
作品が作品なら暗黒面に落ちてもおかしくないメンタリティ。

そして今日の練習終了。
練習の締めにやった腕立ての結果を見るに
めぐみはひめと同じくらいの腕力しかない模様。
体力的に二人にあまり差がないっていうのは結構驚きました。

更衣室。ぱさりと足元に落ちる道着のズボン。
次の瞬間には服を着終わっている二人・・・・・・

おかしい

さて、更衣室でかずみちゃんと話しているとゆうゆうが登場。
「ゆうゆうなんでここに!」
「愛の力です!」

そして安定のミステリアスなキャンディーをくれます
猫ムスメと化し飴に食いつくひめには何か狂気を感じます。
一体何が入ってるんだ。この飴・・・・・・


その頃、外ではオレスキーが彼らのいる空手道場に目をつけていました。
襲う理由はやる気があるから。
自分を引き立て役となるやる気がなく無能なヤツはすばらしい、
やる気がありいつか自分の邪魔になりそうな奴は嫌い、
それがオレスキーの考え方。

ああ、俺この人の下で働きたいわ・・・・・・

そんなこんなで翌日、昇段試験のために緊張しているかずみちゃん。
彼女はなかなか上達しない自分に落胆し、今回落ちたら空手を
やめようとさえ思っています。

そんな心の隙間お埋めしますを突かれて
オレスキーによりサイアークにされてしまします!

プリキュアに変身して立ち向かうひめとめぐみ。
昨日習った防御はガン無視で気合で攻撃。

早くも再登場のラブリービーム!
チョイアークを薙ぎ払う姿を観て思わず
「火の七日間かよっ!」
と突っ込んだ瞬間、

めぐみ「目が~っ」

盛大に拭いた。ジブジブジブリ!かわるんるーん!

続いてプリンセスがアラベスクシャワーで雑魚を一掃します。

気合のレシピ氷の舞を見せてあげるわっ!」

T・O・Y・K! T・O・Y・K!

なんというたおやかな口上。
あえてOP挨拶で使わず本編に差し込んでくるとは。

プリンセス!たおやかですわ!

「フォーチュンがいなくても余裕ですぞ」
とナマケルダの物まねでプリンセスがオレスキーを煽る煽る。
「だって~避けちゃう私たちが完璧なんですものぉ」
煽る煽る。

そしてサイアークとの戦闘。
攻撃の中にさりげなくおしりパンチをはさむめぐみ。
こっそりやれば保護者に怒られないとでも思ったか!?

しかし、サイアークの突き(パンチ)を出すと見せかけて
蹴りを放つというフェイント攻撃に引っ掛かりラブリーがピンチに!

リボン「卑怯ですわ!」

いや卑怯じゃねーから!

フェイントは格闘技の常套手段だよ!
プリンセスの油断のせいでラブリーがダメージを負ったと
今度はオレスキーが煽る煽る。
ラブリーも大概油断してましたけどね!

そしてプリンセスも攻撃を食らい二人そろってピンチに。
今回はフォーチュンは助けに来ないようです。

近づいてくるサイアークとプリキュアの間に
身を投げ出すリボンの動きがキレキレ。
ミステリアスなキャンディーを舐めたのでしょうか
だれか早くこの映像でゲッダンMADを作るんだ!

そして絶体絶命と思われたその時、

ざわ・・・

ざわ・・・ざわ・・・

どこからか歌声が・・・・・・

たまご~かけたごはんたべ~たい~♪


ここから今回のカオスっぷりは最高潮を迎えます。
突如現れた新しいプリキュアによる唐突なご飯食べたいソング。

聴いたオレスキーは突然、
「そうだ!OKだ!ご飯サイコー!」
と意味不明の言動を始め、傷ついたプリキュアまで立ち上がり
全員で踊りながら大合唱。

ああ!観てたらなんか変な涙がこぼれてきた(笑)

そして新プリキュアは
「修行を思い出して!防御!防御!」
二人に助言を与えます。

「防御!防御!」は流行る(僕の中で)。

そして実際やってみると、まさかの無敵ガード!
ワックス塗る!ワックス拭く!のおかげで敵の攻撃が一発も通りません。
いやいやいやいや!

そして体勢が崩れたところをツイン(略)!で撃破。
オレスキーは捨て台詞を残して去っていきます。

「今日はここまで!」

・・・・・・あれ、デジャヴ・・・?
似たようなことを言った何とかラブリーさんがいたような・・・。

そして二人は新しいプリキュアにお礼を言います。
「パンチやキックもすごいけど、歌ってみんなが和むよね!」
と、好戦的な二人と対照的な謎のアピールをして
新プリキュアは去っていこうとします。
呼び止め名前を尋ねるプリンセスに彼女はこう名乗り去っていきます。
「私はキュアハニー。おなかいっぱい、幸せいっぱいがモットーだよ!」

ああ、
これはかなりミステリアスを摂取してらっしゃる・・・・・・


さて、そんなこんなで助かったかずみちゃんは、気絶から覚めて
基本を大事に一歩ずつ力をつけることの大切さを悟る・・・のですが
サイアークのシステムがどうなっているのかよくわかりません。

サイアークになって暴れているときの記憶はあるんでしょうか。
ハートキャッチみたいなカウンセリングバトルでもありませんし、
なぜ気絶から覚めた彼女が色々悟っているのか不思議です。

そしてひめとめぐみとリボンとせいじでハニーのことを振り返りつつ
謎の歌をみんなで歌って終わり。もう覚えたのか・・・・・・


そんなわけで今回は
フォーチュンさんもた~すけにこな~い~♪
ハニーの出番ねっ♪
つーきの光!て~らすよ闇!は~るかかなた星またたく~♪

な話でした(何人わかるんだこのネタ)。
俺の歌をきけーっ!なハニーさんは一体何者なのか。
作画が恐ろしく不安になる次回予告とともに待て次回!

(ハニーの正体、僕は新登場のかずみちゃんが怪しいんじゃないかなぁ
と思います。かずみちゃんはあの時囚われていましたが、愛の力とか
で何とかなるんじゃないですか。ゆうゆうはどう見てもモブなのでありえません)
スポンサーサイト



ハピネスチャージプリキュア#8

あ、、、、、

うん、、、、、


えーと、、、、、、



誰だっけ・・・?
ed-card


昨日遅くまで呑んでたので
頭がはっきりしてなかったんですが
増子さんが登場した瞬間ぶっとびました。

え?今日のお祝いコメント増子さんなのっ?
と、マジで思いました。

しかし実際のお祝いコメントは、

キュアパイン

ぶひいいいいぃぃぃぃぃぃっ!


あたし信じてる!

って言うと思ってたんですけど言わなかったですね。
しかしあざとい。うむ、あざとい。


世界各国のプリキュアのニュース映像から始まって
あれ、何これ?状態だったんですが
そう言えばそういう世界観でしたね。
なんか電卓叩いてたプリキュアが個人的には好きです。

さて今回の舞台は祭り。
みんな浴衣姿にコスチェーンジまだ寒そう

おこづかいは300円。バナナはおやつに入りません。
ブルー様に意味深な言葉をかけられつつ
屋台の食べ物に対し欲望に忠実なプリンセスがおもしろかったですね。

そしてその300円をうまく使って、
友情とかそういうのを描いててすごく良かった。
モブクラスメイトも登場。

4話の彼女はりんちゃんさんって言うんですね。

そしてエレにゃん。

エレにゃん……?
心のビートが止まらない人?

しかしエレにゃんはあざとい。うむ、あざとい。

わかった!この子がキュアハニー(黄色枠)だね!


そしてお菓子をもらったお礼にソースせんべいを分けるヒメ……


なん…だと……?


お菓子を自然な流れで分けている……だと……?


これで怠け玉に入っても大丈夫!


そんなこんなで占い小屋に。
占い小屋の中にいたのはなんと


キュアパッションよ!
プリキュア十周年、ありがとう!
これからも私、精一杯がん(ry


せっちゃんだと思った?残念!
ミスフォーチュンこと氷川イオナさんでした!

イオナ……ズン……

あ、いえ、なんでもありません。

そして幸せゲットできなさそうな占いの結果を告げてくるイオナさん
本当に占った結果なのかヒメに対する個人的嫌がらせなのか……

そして敵の新幹部

なぎさのパパ!
ぶっちゃけありえなーい


冗談はさておき本当の新幹部は

フュージョン!


おい!誰かオールスターズ呼んで来い!


新幹部によりモブクラスメイトがサイアークに!
プリキュアに変身。大衆の反応も上々。徐々に知名度が上がってきています。
「プリキュアです!」「おつかれさまです!」

しかーしなんと今回はサイアークが二体。絶体絶命のピーンチ!



そこでキュアフォーチュンが華麗に参上!
一発の蹴りで二体のサイアークを吹き飛ばしたぞ!

そして彼女はラブリーに
「キュアプリンセスを信じるな」と告げて帰っていくのでした。

キュアフォーチュン……一体、何イオナなんだ……


そして今回の事実上の敗北を受けて次回は特訓回!
空手をやるようです。と言うことはエクササイズと座禅もやるフラグですね!

キュアハニーもついに登場するようです!
あー!早くエレにゃんがハニーに変身するとこ観たいな!
それではまた!

ハピネスチャージプリキュア#7

おい!

出てこいよ!

BBAのことアクアって呼んだやつ出てこいよ!

いやぁ~、おもしろかったですぞwww
今週の題名のない音楽会の校歌特集www
トッキュー~だけど食堂の日朝二時間半コース。
日本橋の刺身食べ放題行きたいですぞwww

そんなわけでハピネスチャージプリキュア。

ヒメがめぐみのためにサプライズでケーキを焼いているのに
めぐみがそれを手伝おうとしてケンカになる話ですぞwww

手伝ってほしくないときにまで手伝おうとするめぐみ。
めぐみに頼ってばかりでなく、自分の力で何かをなそうとするヒメ。

めぐみの強引さとヒメの自立という
現在二人が持つ主要な問題をうまく取り込んだ
ストーリー設定だったと思いますぞwww

しかし今回のりぼんの行動は意味不明ですぞwww

りぼんはヒメがサプライズでケーキを作っていることを
知っているのだから、普通のロジックでいけば、
めぐみに対してケーキ作りがばれないように振舞うはずですぞwww
それが一緒になってヒメを手伝おうとするなんてありえないwww

もちろん、りぼん自身がヒメを手伝おうとするのは
キャラクター的にもわかりますぞwww
だからと言ってあの状況でめぐみを止めないのは
単純に脚本の都合でのようですなwww

それで中盤「実は……」なんてシリアスに言われても
お前はいまさら何を言っているんですぞ?www


その後出現したサイアーク対して、
最初期ではサイアークを怖がっていたヒメが
ケーキを一人で作れなかった意地っ張りもあってか
一人で戦おうとするとはすばらしい成長ですぞwww

この成長を唐突に感じる論者もいるかもしれませんなwww
しかしプリンセスは元々サイアークに役割を持てるだけの
種族値があるのですぞwww
つまりサイアークに勝てないのは性格の問題だったのですぞwww
それがめぐみと出会い、すでに四話での一人戦闘も経て、
恐怖を克服したと言うわけですぞwww
一応段階は踏んでいるんですなwww
しかしもう少し丁寧に
描いても良い問題だったかもしれませんぞwww


最終的に
「いつもめぐみに頼ってばかりだ」というヒメに対し
めぐみが「ヒメがいるから私も強くなれる」的なことを言って、
友情再確認!合体必殺!
プリキュアツインミラクルパワーシュート
ネーミングセンスがださいですぞwww

ヒメがめぐみにとって大きな役割を持っている、
という描写は今回の話に限れば薄いですなwww
しかし、5話で敵に非難されたラブリーを擁護する場面を観れば
二人が良いコンビであることはロジックするまでもなくありえーるwww

そんな二人にかかればサイアークなどボーナスwww
ボイアークですなwww

積み重ねの薄い序盤と言うこともあって
めぐみの「ヒメがいるから私も強くなれる」的発言に
説得力を感じない人もありえますなwww
これからの二人の絆に期待ですぞwww


今回は
サプライズケーキという根幹のアイディアはうまい設定なのに
ちょっと違和感を感じてしまう回でしたぞwww
めぐみのガーリーファッションはこの季節に着るには寒そうでしたなwww

来週は新幹部も登場!これからのハピプリに期待が膨らみますぞwww
新しいプリキュア(ハニー)はいつ出るんですかなwww

プリキュアオールスターズNS3!

オールスターズNS3、最高でした!

一本の映画として完璧な作りというわけではありません。
でも、シリーズのファンなら納得の行く出来だと思います。

あるいは、逆にハピネスからプリキュアを観始めたような子どもは
あまりおもしろくないかもしれません。

けれど中盤、夢に閉じ込められた歴代プリキュアたちが
言葉を紡いでいくシーンは、それぞれのシリーズを知っていればこそ
説得力があり、意味がわかり、感動してしました。

過去のオールスターズ映画に対する数々のオマージュや
戦闘におけるプリキュア同士の絡み方など、
シリーズと映画を一通り観ている方なら、とても楽しめると思います。

ハニーの扱いやエコーのフラグの立て方、
新規の子どもに優しくない作り等、欠点は確かにあります。

それでも僕は言いたい。

最高でした!





以下、ネタばれ含みます

冒頭、妖精学校からスタート!
この時点でNS2を観ていないお友達は置いてけぼりです(笑)

今回の映画をちゃんと楽しむには、歴代プリキュアのテレビ本編と
過去のオールスターズ映画を観ておくことが前提になります。

NS2で活躍したグレルとエンエンは優等生になっており、
プリキュア教科書に載せるため、新たなプリキュア
「ハピネスチャージプリキュア」の調査をまかされます。

二人(二匹?)は知り合いのドキドキプリキュアを経由して
ハピネスチャージプリキュアと接触することにします

が、その頃、人間界では眠った子どもが目を覚まさないという事件が起こっており
キュアラブリーこと、めぐみも眠ったままになってしまったのです。

ブルー様の神力によって、ドキプリとヒメ(&リボン)と二匹がめぐみの夢に潜入。
そこでは夢の妖精の親子が、子ども達を幸せな夢の中に閉じ込めていたのです。

それは母親が臆病な息子のユメタを思って作った幸せな夢の箱庭で、
この母の行き過ぎた愛情と、そこからのユメタの自立が本作のストーリーの主題となっています。

さて話を少し巻き戻して、OPでプリキュアみんなで集合写真を撮るのですが
なんとど真ん中にあゆみちゃんが!(笑)

序盤、街中に思わせぶりで不安な表情のあゆみちゃんが少し出てくるのですが、
彼女がなんでそんな顔をしていたのか最後まで良くわかりません。
あゆみちゃん自身何か感じるものがあったと言うことでしょうか。
あるいは製作中に脚本の変更があって、そのなごりなのかもしれませんが、ちょっと腑に落ちない部分です。

そんなこんなでとりあえずめぐみを取り戻したものの、
夢の外へ追い出されたドキ、ハピ&二匹。
その際、グレル達がプリキュア教科書を落として、それを拾ったユメタママにより
プリキュアが全員夢の中に閉じ込められてしまいます。

まだ載ってなかったハピプリだけが助かり、たった二人で
他のプリキュア及び子どもを救いに再び夢の中へと突入します。

この辺の話の流れ、ハピ組はコメディックに行動していて楽しい。
脚本家的に動かしやすいキャラなんでしょうね。
ただ戦闘はあるものの、派手なシーンは続かないので、結構子どもは飽きるかもしれません。
映画館で隣の席だった子どももちょっとモゾモゾしてました。

ところで序盤の戦闘シ-ンですが、足で首を極めてそのまま足で投げるとか、
ダイヤモンドのアグレッシブな技が印象的でした。

さて、幸せな夢の中に閉じ込められた歴代プリキュア。
夢の中で響はピアニストになりのぞみは教師になり、それぞれの夢をかなえています。

しかし、のぞみは自分の力以上に全てがうまくいくことから、それが現実ではないと気づきます。
お前は愚地独歩か

他のプリキュア達も夢だと気付き、それぞれが夢から覚めることを望みます。
幸せな夢の中にいればいいじゃないか、傷つく必要はないじゃないか、
という夢の住人達の問答に対し
何度失敗しても、傷ついても、自分の力で夢をつかむことの大切さ
歴代のプリキュア達が語ります。

色々な夢の場面で語るプリキュア達の言葉がつながっていくような場面展開は
ちょっと千年女優を思い出しました(違うけど)。

そこで彼女達が語る言葉は、それぞれがプリキュアとなり、戦ってきた中で見つけた答えです。
それぞれの歴史が思い起こされて、本当にこのシーンは感動しました。

その後、夢から脱出したプリキュアが全員集合で、
ユメタママが操る悪夢の怪物と戦います。
さらに悪夢はユメタママの制御を離れ暴走を始めます。
そしてユメタの自立云々と色々あります。
子どもより一緒に来てる保護者が考えさせられる話かもしれません。

戦闘では過去のオールスターズのオマージュがたっぷり。
DX1のクレーターパンチ、NS1のハッピー頭突き、
DX3のマーブルスクリューなんて、そのまま使われてました(笑)

戦闘ではありませんが、股の下を通ったユメタにめぐみが話しかけるシーンは
NS2のエンエンとマナのシーンのオマージュでしたね。

さらに戦闘はミントやイツキのシールド組が絡んだり
ルージュとマーチのサッカーコンビとか
サニー、ビューティ、アクアの遠距離攻撃部隊とか
シリーズの枠を超えて絡みまくり。そうですこういうのが観たいんです!

今回は全員ではないけど声があるプリキュアが多い上に
色々な組み合わせで絡んでくれるので、そこがすごく楽しかった!

だからこそmktnに声がなかったのが悔やまれます。

最後、敵は巨大なタコ状のモンスターになります。
タコですよ?

mktn!

mktn!

mkt-----n!

せめて嫌がる顔のワンカットも入れないあたり、スタッフの手落ちと言わざるを得ない。

というかタコがボスの悪夢って、これ多分mktnの悪夢が元ですよ。
なんか嫌なことがあったんですよ、多分。
オールスターズのエンディングではぶられるとか。

色々戦っている間にエコーも参戦、最終的にはハニーも出てきます。

エコーはグレルとエンエンがプリキュアの妖精となり力を貸すことで再度変身に成功します。
これでグレルとエンエンの夢もかなってめでたしめでたし。
ふーちゃんはどうした?

ハニーは最後の決め技に力を貸すのと、途中でグレルとエンエンを助けるのに登場するのですが。
ちょっと強引と言うか、本編にまだ出てないのに、ラブリーとプリンセスはハニーの名前知ってるし、
助けられたグレルとエンエンは自分達を助けてくれたのが誰か全然気にしないし、
無理がある感じでしたね。そのくせフォーチュンは出ないし。
ドキプリの映画のエースも強引でしたが、こういう新キャラの使い方はPの意向なんでしょうか?

さて、そんなこんなで悪夢を倒して大団円。
EDダンスは空間的な広さと言うか広がりは気持ちがいいけど
ダンス自体はそんなでもなかったかな。あと歌の歌詞がちょっと強引。
それぞれのシリーズ名を歌に乗せるんだけど、リズムがあってないと言うか。

以上、とりとめもなく書いてしまいましたが
最初に書いたとおり、脚本や演出の不出来な部分は多々ありますが、
シリーズを知っていれば知っているほどおもしろい、
NSシリーズ最終作として満足のいく出来だったと思います。

来年以降どうなるかわかりませんが、僕はこれからも
プリキュアを応援していきたいと思います。
プロフィール

洗濯

Author:洗濯
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR